『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第一章 嚆矢篇 完成披露上映会

神田沙也加、平野ノラにネタにお腹を抱え大笑い!




2月6日月曜日 東京・よみうりホール

登壇者:神田沙也加、鈴村健一、羽原信義監督、福井晴敏 スペシャルゲスト:平野ノラ



『宇宙戦艦ヤマト』を完全リメイクした『宇宙戦艦ヤマト2199』の大ヒットから3年。1978年に公開された映画『さらば宇宙戦艦ヤマト  愛の戦士たち』を新たな解釈で全七章で描かれる新シリーズ『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第一章 嚆矢(コウシ)篇の完成披露上映会が行われた。


完成を心待ちにしていたファンで満席となった会場。舞台挨拶には島大介役の鈴村健一、伝説の女神・テレサ役の神田沙也加が、大きな拍手で迎えられ登壇。


鈴村は「凄い!フラッシュとか光ってて、注目されてることがわかりました!」と驚きを隠せない様子。前作から引き続き、島大介を担当する鈴村は「ここは任せておけ!がこれから出していければいいです。」と成長に期待を込めた。


テレサ役の神田は「重要な役なのに私で大丈夫なのかなと何度も思い…恐縮しました。いまでも緊張しますが、歴史のある作品に携われることを光栄に思ってます。」と喜び、笑顔をみせていた。



また鈴村と神田は収録ではすれ違いだったことを明かし、この日が初対面という。お互いに「よろしくお願いします!」と挨拶をする場面もあった。

この日は、バブルネタでブレイク中のお笑い芸人平野ノラも登場!森雪をイメージした衣装でバブルネタを披露すると神田や鈴村の笑いを誘い、客席も巻き込み大いに沸かせると、笑いのツボに入ってしまった神田はお腹を抱え大笑い!しばらく笑いが止まらないほど大ウケっぷりをみせた舞台挨拶となった。


この舞台挨拶には監督の羽原信義、脚本の福井晴敏も登壇し、上映後には2人によるアフタートークも行われ会場をさらに盛り上げていた。

(オオタマコト)





【第一章「嚆矢篇」】

西暦2202年。

あの壮大な片道16万8000光年にも及ぶイスカンダルへの大航海から宇宙戦艦ヤマトが帰還して、既に3年――。

〈コスモリバースシステム〉により、かつての青い姿を取り戻した地球は、ガミラス帝国とも和平条約を締結。復興の傍ら、防衛のためと最新鋭戦艦アンドロメダを含む新鋭艦隊の整備が進められていた。イスカンダルのスターシャの願いも虚しく、地球は軍拡への道を歩み始めていたのだ。はたしてこれが、かけがえのない数多くの犠牲の果てにヤマトが成し遂げた、本当の平和なのだろうか?

宇宙の平穏を願う女神テレサの祈りが、ヤマトを新たな航海に誘う。

いま、宇宙を席巻するガトランティスの脅威が、地球に迫っていた――。



『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第一章「嚆矢篇」

【CAST】

古代進:小野大輔/森雪:桑島法子/真田志郎:大塚芳忠/徳川彦左衛門:麦人/南部康雄:赤羽根健治/

相原義一:國分和人/榎本勇:津田健次郎/ローレン・バレル:てらそままさき/クラウス・キーマン:神谷浩史/

ズォーダー:手塚秀彰/テレサ:神田沙也加

 

【STAFF】

製作総指揮:西﨑彰司/監督:羽原信義/シリーズ構成:福井晴敏/副監督:小林誠/メカニカルデザイン:玉盛順一朗、石津泰志/キャラクターデザイン:結城信輝/音楽:宮川彬良

公式サイト:http://yamato2202.net/sp/



『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第一章「嚆矢篇(こうしへん)」

2017年2月25日(土)より、全国15館にて2週間限定劇場上映

劇場にて特別限定版Blu-ray先行発売

シリーズ全七章劇場上映決定!