映画『孤狼の血』完成披露舞台挨拶






昨年4月に行われた製作発表会見から1年。映画『孤狼の血』の完成披露試写会が行われ、東映本社のある銀座に豪華キャスト陣が集結した。まず、ポスタービジュアルに刻まれた“東映じゃけぇ、何をしてもええんじゃ”というキャッチフレーズに目を奪われてしまう人も多いだろう。



2018/04/25

場所:丸の内TOEI

【登壇者】

役所広司 松坂桃李 真木よう子 中村倫也

音尾琢真 阿部純子 竹野内豊 伊吹吾郎 

ピエール瀧 江口洋介 白石和彌監督

原作者・柚月裕子



この日、舞台挨拶前に銀座 丸の内TOEI前に現れた大型トラックのステージに立った役所広司、松坂桃李ら豪華キャスト陣。男性陣が黒のタキシード、女性陣は黄色のドレスと、黒と黄色の『孤狼の血』カラーで登場しフォトセッション。サプライズな登場に多くのファンも集まりキャスト陣も大声援を浴びた。


丸の内TOEI前にてトラックのステージでフォトセッション


次に場所を館内に移し、上映前に行われた舞台挨拶には再び、役所、松坂、江口ら豪華キャスト陣が登壇。メガホンを取った白石監督は「ようやく皆さんに観てもらえる日が来ました。柚月先生が書いた、魂の小説を僕が受け取って、命を削る思いで撮った映画です。」と完成披露を迎えた喜びとともに観客にアピールした。


本作で呉原東署・捜査二課 日岡秀一役を演じた松坂は「自信を持ってお届けできる作品です。」と挨拶し、この作品へ自信をみせた。

この役を演じ、「僕は警察役を演じたというより、役所さんとバディを組ませてもらって、本当に宝物です。この作品で役所さんが演じる大上が使っていたライターを頂きました。」と、ライターを手に持ち、観客に披露。

「この映画を観た後に『うぁー羨ましい!』と思えます。それだけ濃厚な関係性でやらせてもらったのが嬉しくて宝物です。」と、本作で役所と共演できたことに喜びを露わにした。


本作の主人公で呉原東署 捜査二課 主任 大上章吾役を演じた役所は、捜査の為なら悪魔にでも魂を売り渡す刑事。「松坂くんとは映画では2度目の共演ですけど、一緒のシーンも多く楽しかったです。とても共演者として楽しい俳優さんで、もう本当に素晴らしい俳優さんです。」と、照れながらも顔をほころばせ、松坂を大絶賛。




役所は「はじめて白石監督に会った時に『元気のある日本映画を作りたいんだ。』と言われまして、僕たちキャストもスタッフも元気のある映画を作ろうと頑張りました。ヤクザ関係の役の人たちは普段はちゃんとした社会人みたいな顔をしてますけど、根は不良ですから。すごくのびのびとヤクザ役を演じていました。真木さんと阿部さんも華を添えてくれて、僕と松坂くんは刑事で正義の味方をやってます!多くの方に勧めてください」と上映を前にした観客にアピールし舞台挨拶を締めくくった。

(編集部)



【ストーリー】
昭和63年。暴力団対策法成立直前の広島・呉原―。そこは、未だ暴力団組織が割拠し、新たに進出してきた広島の巨大組織・五十子会系の「加古村組」と地場の暴力団「尾谷組」との抗争の火種が燻り始めていた。そんな中、「加古村組」関連企業の金融会社社員が失踪する。失踪を殺人事件と見たマル暴のベテラン刑事・大上と新人刑事・日岡は事件解決の為に奔走するが、やくざの抗争が正義も愛も金も、すべてを呑み込んでいく……。警察組織の目論み、大上自身に向けられた黒い疑惑、様々な欲望をもむき出しにして、暴力団と警察を巻き込んだ血で血を洗う報復合戦が起ころうとしていた……。



警察小説×『仁義なき戦い』

映画『孤狼の血』製作発表会見

主演・役所広司、松坂桃李、真木よう子 、江口洋介、石橋蓮司ら豪華メインキャスト登場




柚月裕子原作の小説「孤狼の血」を映画化。映画『孤狼の血』の製作が決定し、2017年4月3日、東京・グランドハイアット東京にて製作発表会見が行われた。


会見には主演を務める役所広司をはじめ、松坂桃李、真木よう子、石橋蓮司、江口洋介らメインキャスト陣と白石和彌監督、原作者の柚月裕子らが出席した。



メガホンを取るのは『凶悪』、『日本で一番悪い奴ら』で日本映画賞を総嘗めにした白石和彌監督。物語の舞台は暴対法成立以前の広島・呉原市。暴力団系列の金融会社社員失踪 事件をきっかけに捜査する警察。暴力団組織間の激しい抗争を描く。




役所広司(呉原東署・捜査二課・主任 大上章吾役)

捜査の為なら悪魔にでも魂を売り渡す刑事、大上を演じます。今、このテイストの作品を撮らせたら白石監督以外にはいないと思います。


本作において白石監督に絶大なる信頼をおいていると語り、またクランクインを控え、広島の呉弁に悪戦苦闘していると明かし、撮影までにはマスターしたいと意気込みをみせた。




松坂桃李(呉原東署・捜査二課 日岡秀一役)

こんなに胸が熱くなる作品で白石監督と一緒にできるのは嬉しいです。役所さんとここまでバディーとして一緒にできることはなかったので楽しみでしょうがないです。そして必死に食らいついていきます。



真木よう子(「クラブ梨子」のママ・高木里佳子役)

この作品は男の人の映画。読んでいても格好いいので、私が男優なら、是非ヤクザで出たい思いましたが、私の演じるリコも負けずに格好いい女を演じようと思ってます。



江口洋介(尾谷組・若頭 一之瀬守孝役)

組長が監獄にいる中、50名近くの組員をまとめる若頭役です。今から撮影が楽しみです。



石橋蓮司(五十子会・組長 五十子正平役)

初めて台本を読んだ時、自分の役名を読めませんでした。警察の方の心を忖度して、争いのない社会、市民の安全を守りたいと思います。



白石和彌監督

この原作は男たちの情念がぶつかる熱い物語。これは、現代の日本ではなかなか見ることのできない衝撃で、かつて東映で栄えた「男の物語」を今映画として蘇らせることを嬉しく思うと同時に、身が引き締まる思いです。



原作者・柚月裕子

何度もくりかえし観た不朽の名作『仁義なき戦い』があったからこそ生まれた作品です。あんな熱い物語を、いつか自分も小説で書きたいと、ずっと思っていました。


本作の撮影が行われるのは、原作と同じ、広島県・呉市。4月中旬からの撮影スタートを予定で、かつての『仁義なき戦い』では叶わなかった広島での撮影に期待が高まる。

(オオタマコト)



大上さんのやっていることはめちゃくちゃです!とても正義を守る警官とは思えない!

わしの正義かァ…そんなもんはありゃァせんよ

『仁義なき戦い』(シリーズ1作目)から44年。≪警察小説×『仁義なき戦い』≫と評される本作の映画化に際し、昨今の地上波や日本映画ではお目にかかることのできない、熱き男たちの“カタルシス”と“ヴァイオレンス”は観る者の魂をエモーショナルに揺さぶることだろう。撮影は呉原市のモデルとなった広島・呉市で敢行し、日本映画界を代表するスタッフ・キャストで挑む。





映画『孤狼の血』

キャスト:役所広司 松坂桃李 真木よう子 滝藤賢一 田口トモロヲ 石橋蓮司 江口洋介 ほか

原作:柚月裕子「孤狼の血」(KADOKAWA)

監督:白石和彌

配給:東映

©2018「孤狼の血」製作委員会


5月12日(土)ロードショー!