映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』公開直前緊急ファンミーティング

田中敦子、「再び選んでもらえて光栄!オリジナルキャストと一緒の収録にワクワク感が強かった」と感謝!!




全世界で絶大なる人気を誇るSF作品の金字塔「攻殻機動隊THE GHOST IN THE SHELL」をハリウッドで実写映画化。4月7日の公開を直前に控え、4日、東京・神楽座にて、公開直前緊急ファンミーティングイベントが行われ、声優の田中敦子が出席した。



押井守の監督映画『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』から22年、その続編にあたる『イノセンス』や神山健治のTVアニメシリーズ「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」などで、草薙素子役を担当してきた田中は同役を担当するのは6年ぶり。「ただいま」と田中からの挨拶。本作の感想を聞くと田中は「ハリウッドはなんて凄いことをしてくれたんだろうというのが第一印象。ルパート監督の原作、アニメ『攻殻機動隊』へのリスペクト、愛が止まらない」と、強く感じたという。また予告編などでも見られる「ビルからダイブするシーンや光学迷彩を使った水辺の戦闘など、アニメのシーンを彷彿させ、よくぞここまで」と興奮気味に語った。



また本作は声優の田中敦子(草薙素子役/※ハリウッド版においては“少佐“役 )をはじめ、大塚明夫(バトー役)、山寺宏一(トグサ役)がハリウッド実写版にて、『攻殻機動隊SOLID STATE SOCIETY 3D』から6年ぶりに同役で吹替えを務めることが発表されており、アニメファンも歓喜の声を上げ話題となっている。


さらにバトー役の大塚明夫やトグサ役の山寺宏一に加え、イシカワ役の仲野裕も揃い、オリジナルキャストの4人で、一緒に収録を行ったことを明かし、「聞こえてくる声が同じで、20数年前のスタジオに戻ったようで感慨深い思いがありました。」と振り返り、再び吹替版で選んでもらえて光栄で感謝していると心境を明かした。収録の当日は「大塚さん、山寺さんと一緒にということでワクワク感が強く、2人に芝居もなにも委ねてついていけば、草薙素子を引き出してもらえる感覚で収録に臨んでいました。」と語った。


最後には草薙素子で「ネットは広大だわ」とアニメ版のセリフを披露し会場を魅了した。



今回、ファンミーティング終了後に筆者も吹替版を鑑賞。原作、アニメからの実写への再現度が高い本作。あのシーンやこのシーンと、アニメファンも歓喜する場面も多く、さらに公安9課の草薙素子、バトー、トグサ、イシカワとオリジナルキャストの吹替えには、アニメ版『攻殻機動隊』を彷彿させる。さらに本作の魅力を高め、映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』をより楽しめるのでオススメしたい。

(オオタマコト)





【ストーリー】

近未来、脳以外は全身義体の世界最強の少佐(スカーレット・ヨハ ンソン)は唯一無二の存在。

悲惨な事故から命を助けられ、世界を脅かすサイバーテロリストを阻止するために完璧な戦士として生まれ変わった。

テロ犯罪は脳をハッキングし操作するという驚異的レベルに到達し、少佐率いるエリート捜査組織・公安9課がサイバーテロ組織と対峙する。捜査を進めるうちに、少佐は自分の記憶が操作されていたことに気づく。

自分の命は救われたのではなく、奪われたのだと。本当の自分は誰なのか?犯人を突き止め、他に犠牲者を出さないためにも少佐は手段を選ばない。




映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』

監督:ルパート・サンダース 『スノーホワイト』

製作:アヴィ・アラッド、アリ・アラッド、スティーヴン・ポー ル 

脚本:ジェイミー・モス、ウィリアム・ウィーラー 、アーレン・クルーガー

原作: 士郎正宗「攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL」

出演:スカーレット・ヨハンソン、ビートたけし、マイケル・ピ ット、ピルー・アスベック、チン・ハン、ジュリエット・ビノシュ、桃井かおり、福島リラ 他


配給:東和ピクチャーズ

(C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.


公式サイト:http://ghostshell.jp/


映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』

4月7日(金)侵入開始!