映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』アジア合同記者会見

クリス・プラット、惑星君主(スター・ロード)の漢字名入りオリジナルスカジャンに感激、大興奮!!





昨夜のカーペットイベントでは、ノリノリのハイテンションぶりをみせた俳優のクリス・プラットが、11日、東京・ザ・リッツカールトン東京にて行われた『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』アジア合同記者会見に出席。共演のゾーイ・サルダナ(ガモーラ役)、デイヴ・バウティスタ(ドラックス役)、メガホンを取ったジェームズ・ガン監督らとともに登壇した。



本作は「アベンジャーズ」シリーズに代表されるマーベル・シネマティック・ユニバースの一作で、宇宙のお尋ね者たちがチームを結成。銀河の危機を救う姿を描いたアクションアドベンチャー「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の続編。メガホンを取るのは前作から引き続き監督・脚本をジェームズ・ガンが務め、アライグマのロケットや植物のグルートらのキャラクターも前作から引き続き登場する。ピーター・クイル役のクリス・プラット、ガモーラ役のゾーイ・サルダナも再集結し、新たにカート・ラッセルやシルベスター・スタローンも参戦する。




カーペットイベントでの日本のファンの熱狂ぶりに驚いたとジェームズ・ガン監督。「みなさんの愛を全身で感じ、興奮して眠れなかったです。」と話し感激したという。ゾーイは「私たちにとって特別な作品。みなさんに受け入れてもらえて嬉しいです」と笑顔をみせ、デイブも嬉しいといい、ニコニコしていた。




クリスは「こんにちはー!」と挨拶し、「バカなことを言っているが、みなさんは適当に解釈してください」と、集まったマスコミの笑い誘っていた。


今回、日本へ初めて来たクリス。日本の印象を聞くと、「サービスが素晴らしく!桜も満開で素晴らしく美しい国。この季節に来れて良かったです。みなさん優しく親切で、スタッフも熱心で働き者で、一生懸命に自分のケアもしてくれる。」と話し褒め称えた。


また、奥さんと子供も一緒に来日し、「いまは妻と息子は観光を楽しんでいるころ」と明かし、この素晴らしい国を家族で分かち合っているという。食べ物では、「家族のみんなが、お寿司が大好きで、ロサンゼルスで食べていたのも美味しいと思っていが、日本で食べたら比べ物にならないくらい美味しかった。」と話し、もう、ここに家族と一緒に住み着きたいと冗談も飛び出すほど、日本はお気に入りになったようだ。



会見の最後には漢字名の入ったオリジナルスカジャンをプレゼントのサプライズ!

惑星君主(スター・ロード)

我猛羅(ガモーラ)

怒裸駆素(ドラックス)

持映夢頭願(ジェームズ・ガン)



クリスもジェームズ監督とふざけ合いながらも感激し、袖に入れられた名前の文字を見て大興奮していた。

(オオタマコト)





【ストーリー】

"スターロード"ことピーター・クイルをリーダーに、凶暴なアライグマのロケット、マッチョな破壊王ドラッグス、ツンデレ暗殺者ガモーラなど、たまたま出会ったノリで結成された宇宙の"はみ出し者"チーム、〈ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー〉。小遣い稼ぎに請けた仕事をきっかけに、強大な力を持つ"黄金の惑星"の指導者アイーシャ率いる無敵艦隊から総攻撃を受け、彼らの宇宙船ミラノ号は壊滅寸前に…。間一髪、ガーディアンズを救ったのは"ピーターの父親"と名乗る謎の男エゴと、触れただけで相手の感情が分かる能力を持つマンティスだった。仲間からの忠告にも関わらずエゴに魅了されていくピーターの姿を見て、次第にチームの絆に亀裂が…。そこへ"ピーター育ての親"ヨンドゥが率いる宇宙海賊の襲撃や、さらに銀河全体を脅かす恐るべき陰謀が交差していく。はたして、ピーターの出生に隠された衝撃の真実とは?そして、彼らは絆を取り戻し、銀河を救うことが出来るのか?その運命の鍵を握るのは、チーム一小さくてキュートな、ガーディアンズの最終兵"木"グルートだった…。




監督:ジェームズ・ガン

製作:ケヴィン・ファイギ

出演:クリス・プラット、ゾーイ・サルダナ、デイヴ・バウティスタ 他

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン ©Marvel Studios 2017



映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

5月12日(金)、全国ロードショー!