映画『八重子のハミング』プレミア上映会

中村優一、撮影は1日でも佐々部監督作品への出演に「大ファンなので幸せで嬉しかった」と充実感! 



19日、俳優の中村優一が映画『八重子のハミング』のプレミア上映会に出席。東京・山野美容専門学校 山野ホールにて行われた舞台挨拶に主演の升毅、高橋洋子、文音らと共に登壇。MCを監督・脚本の佐々部清が務めた。


本作で佐々部監督の作品へは初参加となった中村は、撮影日数が1日だけだったと佐々部監督。撮影時の印象など中村に聞くと、佐々部監督の大ファンという中村は「 もう大ファンで、作品も観てますし、八重子のハミングの原作も読んで台本もしっかり読み、撮影に参加できて幸せで嬉しかったです。」と、佐々部組作品への初出演を喜んでいた。


本作で佐々部組への初参加とあって、気合いを入れ自分のスケジュールを確認したところ1日しかなかったという中村。「もっと撮影に参加したかった…」というと、佐々部監督から「あなたのスケジュールが空いてなかったからでしょ」と、ツッコミを入れられ、中村も「すみませんでした…映画の撮影が入ってまして…」とタジタジに。


また、撮影の為、山口に行く予定日には、航空トラブルの為、一時、山口行きが危ぶまれたが、前日には山口に入ることができたとエピソードを明かし、撮影は1日だったが、升が食事会を開いてくれたことから家族役が揃って交流することができ、1日だけの撮影も充実したと語った。


この1日だけの撮影を終え、完成した本作を観た中村は、「升さんと洋子さん演じる夫婦の愛が凄くて、試写で観た時にボロボロ涙が出ました。」と感想を述べ、「僕の演じた婿役はピッタリでした!」と、自身についても満足そうだった。


中村といえば、仮面ライダー響鬼では、嫌味な感じの鬼の弟子・桐矢京介を演じ、再び仮面ライダー電王で、仮面ライダーゼロノス/桜井侑斗を演じるなど、2作品でライダーに変身するという、仮面ライダーシリーズでは珍しい出演をしている。俳優復帰から、その活躍も目覚ましく、2017年は主演映画の公開、舞台やテレビドラマと出演も続き、再び人気急上昇中のイケメン俳優。今後の活躍にも注目していきたい。


本作は陽信孝氏の原作『八重子のハミング』を映画化。主人公・石崎誠吾を演じるのは芸能生活40年にして初の主演となる俳優・升毅。その妻の八重子を女優として28年ぶりの映画復帰となる高橋洋子が演じる。

(オオタマコト)


【ストーリー】

山口県のとあるホール。「やさしさの心って何?」と題された講演。       

演台に立つ、白髪の老人・石崎誠吾。若年認知症を患った妻・八重子の介護を通して、自らが経験したこと、感じたことを語っていく。「妻を介護したのは12年間です。

その12年間は、ただただ妻が記憶をなくしていく時間やからちょっと辛かったですいねぇ。でもある時こう思うたんです。妻は時間を掛けてゆっくりと僕にお別れをしよるんやと。

やったら僕も妻が記憶を無くしていくことを、しっかりと僕の思い出にしようかと…。」誠吾の口から、在りし日の妻・八重子との思い出が語られる。

かつて音楽の教師だった八重子は、徐々に記憶を無くしつつも、誠吾が歌を口ずさめば笑顔を取り戻すことも…。

家族の協力のもと、夫婦の思い出をしっかりと力強く歩んでいく誠吾と八重子。山口県・萩市を舞台に描く、夫婦の純愛と家族の愛情に溢れた12年間の物語。





出演

升毅 高橋洋子/文音 中村優一 安倍萌生 辻伊吹 二宮慶多 上月左知子 月影瞳

朝加真由美 井上順 梅沢富美男

監督・脚本:佐々部清

原作:陽信孝「八重子のハミング」(小学館)

エンディング曲:谷村新司「いい日旅立ち」(avex io/DAO)

劇中曲:谷村新司「昴」(avex io/DAO)

プロデューサー:佐々部清、野村展代、西村祐一

製作:Team『八重子のハミング』(シネムーブ/北斗/オフィス en)

配給:アークエンタテインメント


公式サイト:http://yaeko-humming.jp/


映画『八重子のハミング』

5月6日(土)有楽町スバル座ほかにて全国ロードショー!