映画『メッセージ』公開直前イベント

話題の“モグラ女子”泉里香から未来のあなたへのメッセージ!




2017年第89回アカデミー賞で、作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞、編集賞、美術賞、録音賞、音響編集賞の8部門にノミネートという快挙を達成し、見事音響編集賞を受賞した映画『メッセージ』。5月19日からの公開を控え、9日、都内にて公開直前イベントが行われた。イベントには話題のモグラ女子(モデル+グラビア)こと、モデル・女優の泉里香が出席。


泉は「映画を観るのは好きですけど、こういう発信する場に来るのは初めてで、とても緊張しています」と、初の映画イベントに緊張を感じさせないほどの笑顔をみせ挨拶。すでに本作を鑑賞済みという泉に感想を聞くと「SF作品と聞いていたので派手なアクションかと思ってましたが、メッセージ性が強く感動して、最後には泣いてしまいました」と絶賛。また「主人公が女性だったので、とても共感する部分も多かった」という。





本作にちなみ、コミュニケーション上手になるようにするにはと、メッセージを求めると「今悩んでる短所は長所に変わる。未来のあなたへのメッセージ」と、書かれたメッセージを披露すると、「私自身もこの仕事を始めて凄くコンプレックスだったり、悩んだことも多かった。いま、こうしていられるのは、自分の短所を長所に変えられたことだったんです」と明かし、「これからどういう選択をするか、どう変換していくかで強くなれるというメッセージを皆さんに伝えて行けたら」とメッセージを送った。


また、このイベントには慶應義塾大学の英米文学科・巽孝之教授も登壇。本作の原作者であるテッド・チャンにインタビュー経験があり、傑作短編小説「あなたの人生の物語」と同じく『メッセージ』も素晴らしいとアピールした。

(オオタマコト)






【ストーリー】

突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。謎の知的生命体と意志の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、“彼ら”が人類に<何>を伝えようとしているのかを探っていく。その謎を知ったルイーズを待ち受ける、美しくそして残酷な切なさを秘めた人類へのラストメッセージとは―。




監督 ドゥニ・ヴィルヌーヴ

『プリズナーズ』『複製された男』『ボーダーライン』

脚本 エリック・ハイセラー 『ライト/オフ』

原作 テッド・チャン

「あなたの人生の物語」ハヤカワ文庫刊

キャスト

エイミー・アダムス

『アメリカン・ハッスル』『バットマンvs スーパーマンジャスティスの誕生』

ジェレミー・レナー『ハート・ロッカー』『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』

フォ レスト・ウィテカー『ラストキング・オブ・スコットランド』『大統領の執事の涙』



映画『メッセージ』

5月19日(金)TOHO シネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー!