映画『たたら侍』初日舞台挨拶

HIRO、初の映画プロデュース作品に「現代の自分たちに多く通じるものがあり、本当の強さとは何かを感じてもらいたい」




EXILE HIROが、映画初プロデュースを手掛け、劇団EXILEの青柳翔が主演を務める映画『たたら侍』が、20日、公開初日を迎え、東京・新宿バルト9にてキャスト、スタッフによる舞台挨拶が行われた。



舞台挨拶には主演の青柳翔をはじめ、AKIRA、小林直己、田畑智子、石井杏奈、甲本雅裕、宮崎美子、早乙女太一、でんでん、佐野史郎、笹野高史、津川雅彦らキャストが集結。また、EXILE HIRO、メガホンを取った錦織良成監督も出席し豪華メンバーの登壇に満席の客席から大歓声で迎えられた。




主人公・伍介役を演じた青柳は「本日はありがとうございます。こうして無事に初日を迎えることができたのも多くの方のご協力のおかげです。」と挨拶し感謝を言葉にした。


世界三大映画祭のひとつ、モントリオール世界映画祭での最優秀芸術賞受賞をはじめ、世界7か国の映画祭で計19の賞を受賞するなど、高い評価を得ている本作。先ごろ北米公開も決定し海外での注目度も高い。


本作でエグゼクティヴ・プロデューサーを務めたHIROは「この『たたら侍』は時代劇ですけど、現代の自分たちに通じるものが多くあります。伍介の成長を見ながら、本当の強さとは何か感じてもらえたらと思います。」とアピールし、初の映画プロデュース作品に手応えを感じたようだ。


また、海外での反応について聞かれると、HIROは「日本の文化を世界にと、テーマにしてたので海外で賞を獲り、高く評価されて嬉しいです。日本中の人たちが日本の心を感じてもらえたら嬉しいです」と、笑顔をみせ喜びのコメント。


一方、青柳は「高い評価に素直に嬉しかったです。日本の良さ、美しさと日本の伝統文化を受け入れてもらえて良かったです。」と喜びの声を上げ、「いよいよ公開。多くの方に観て頂きたいです!」と日本公開初日を迎え感無量の様子をみせ「伍介の気持ちの流れ、本当の強さを感じてもらえたら嬉しいです」と言葉を贈った。

(オオタマコト)






【ストーリー】

力とは何か、本当の強さとは何かを僕は知らなかった。

1300年の時を経て現代に伝わる、唯一無二の鉄“玉鋼”を生み出す製鉄技術“たたら吹き”。

戦国の末期、その伝統を守ることを宿命づけられた男が、侍にあこがれ旅に出た──。

のちに人は、その若者を「たたら侍」と呼んだ。

ひとりの誠実な青年が戦乱の世にあらがい、おのれの生きる道を探して魂の彷徨を重ねる成長の物語。

日本の伝統と、日本人の気高い精神を、美麗で雄大な映像と共に描き出す。

それが『たたら侍』である。





監督・原作・脚本:錦織良成

エグゼクティヴ・プロデューサー

EXILE HIRO

出演

青柳翔、小林直己、田畑智子、石井杏奈、高橋長英、甲本雅裕、宮崎美子、品川徹、でんでん、氏家恵、橋爪遼、安部康二郎、菅田俊、音尾琢真、早乙女太一、中村嘉葎雄、佐野史郎、豊原功補、山本圭、笹野高史、AKIRA/ 奈良岡朋子 / 津川雅彦

配給:LDH PICTURES

©2017「たたら侍」製作委員会


公式サイト http://tatara-samurai.jp



映画『たたら侍』

新宿バルト9・TOHOシネマズ新宿 ほかにて、大ヒット公開中!