映画『ピーチガール』大ヒット記念!女子会舞台挨拶

永野芽郁の演じる小悪魔な沙絵の最強最悪なシーンとは?




山本美月&伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)がW主演する映画『ピーチガール』の大ヒットを記念して、27日、 女子会舞台挨拶が、東京・丸の内ピカデリーにて行われ、山本美月、永野芽郁が出席。満席の会場をもも型のマシュマロを配りながら客席から登場した2人。「キャー!」という大歓声を浴びながら客席を通り舞台に登壇した。


本作で永野が演じるもものクラスメイトの沙絵は、色白で男ウケ抜群。でもその本性は、山本演じるももの欲しがるものを何でも手に入れなくては気が済まない最強最悪の小悪魔。


そんな沙絵の『最凶最悪シーン』が発表され、3位「キス動画盗撮&流出事件」、第2位「とーじ脅迫&略奪事件」、そして第1位に「ももホテル誘拐事件」と、本作での各シーンがあげられ、演じた永野は「ももちゃんを陥れてやろうと思って演じてたので、カメラが回ってないときは山本さんと話してたり、すごい楽しいのに、沙絵になった時は酷い子になるので、そこを寄せるのが大変だった」と明かし、演じる前は笑って話をしてたのに役では、「キス動画流出させてやる!」とかやってて、「あっ、自分酷いと思ってやってました」といい、「こんな裏の顔をもつ沙絵とは関わりたくない…本当に沙絵だったら嫌だ!」ともらすほど。


さらに上位のシーンでも酷いことをしているという本編。演じた永野も困惑するほどの小悪魔っぷりも見どころで、これまで見たことのない永野芽郁が見れるという。


また永野は「授業中にふざけて男子にウインクとかしてました。学校では喋らないような男子にもウインクして、どういう顔をするんだろう?と思って、女子4人ぐらいでウインクしたら、おもいっきり無視されました」と、実体験エピソードを披露すると、山本から「小悪魔〜!」と言われてしまい永野も苦笑い。本当は小悪魔よりもやんちゃな女子なのでは?と思えた。


舞台挨拶の最後にはサプライズで写真撮影、動画OKのファンサービスなど行い客席を大喜びさせた。

(オオタマコト)





【STORY】

元水泳部の安達もも(山本美月)は、日焼けした色黒の肌や、塩素で色が抜けた赤い髪というギャル風な外見のせいで、周囲から「遊んでる」と誤解されてしまうが、中身は超ピュアな女子高生。ももには、とーじ(真剣佑)という中学時代からずっと片思いをしている相手がいた。ところが入学早々、学校一のモテ王子・カイリ(伊野尾慧)にとある勘違いから一方的にキスをされ学校中の噂に。一方、もものクラスメイトの沙絵(永野芽郁)は、色白で男ウケ抜群。でもその本性は、ももの欲しがるものを何でも手に入れなくては気が済まない最強最悪の小悪魔!ももがとーじを好きと知るや、横取りすべく巧みな作戦で次々とももを罠にかける。そんなももの絶体絶命のピンチを救ってくれたのは、もものピュアな内面を好きになったカイリだった。全くタイプの違う2人の間で気持ちが激しく揺れ動くもも。果たしてももが最後に選ぶのは――?





出演:山本美月 伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)

真剣佑 永野芽郁

本仮屋ユイカ 水上剣星 升毅 菊池桃子

原作:上田美和「ピーチガール」(講談社「別冊フレンド」刊)

脚本:山岡潤平

音楽:蔦谷好位置(agehasprings)

監督:神徳幸治

主題歌:カーリー・レイ・ジェプセン「コール・ミー・メイビー」(ユニバーサル インターナショナル)

製作幹事・配給:松竹

制作プロダクション:ファインエンターテイメント

Ⓒ2017「ピーチガール」製作委員会

公式サイト:http://peachgirl-movie.jp/



映画『ピーチガール』

大ヒット公開中!