映画『結婚』完成披露舞台挨拶

ディーン・フジオカ、ディーンスマイル全開!『騙されてもいい!』と女性ファンを魅了!!




直木賞作家・井上荒野の同名恋愛小説を実写化した映画『結婚』の完成披露舞台挨拶が、8日、東京・角川シネマ新宿にて行われ、俳優のディーン・フジオカが舞台挨拶に出席した。


会場となった角川シネマ新宿前には、早くから人が集まり、その中には完成披露に参加できなかったファンも集まるほど。フジオカが客席から舞台挨拶に登場すると、女性たちで埋め尽くされた客席からは悲鳴混じりの大歓声!大きな拍手で迎えられた。



登壇したフジオカは「みなさん、今日はお越し頂きありがとうございます。」とあいさつ。笑顔を振りまき客席からの大声援も続く中、本作では『女性を虜にして、そして女性の夢を裏切り、それでも愛される』という結婚詐欺師・古海健児を演じたフジオカは役づくりについて「まぁ犯罪者なのでどうしたものかと思ったんです。結婚詐欺は犯罪です!(笑)」とコメントすると客席からも笑いが起こるほど。



「でも、そういう生き方を選ばざる得なかった理由が彼にはあって、役づくり、キャラクターを掘り下げていく中で共感できたり、ほっとけない。関わりたくはないけど、目を反らすことのできない魅力的なキャラクターになればいいなと考えプロジェクトに関わらせて頂きました。」と役づくりについて語ると、客席からは「騙されたい!、騙して!」と、ファンも声をあげると、フジオカも客席から手をあげる女性ファンに笑顔をプレゼントした。



本作のタイトルにちなみ、結婚について聞くと「誓い、約束をして誓い合った同士がより良い未来を作っていくために努力をしていく」と語ったフジオカ。


劇中、プロポーズシーンもあることから、既婚者であるフジオカのプロポーズについて聞くと「すごくシンプルですよ。何も用意してなくて、その場で言わなくてはならない状況だったので、勢いでプロポーズしました」と、プライベートなエピソードを明かしてくれた。


またDEAN FUJIOKAでアーティストとしての活動もしており、本作の主題歌も担当。俳優としては『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』、『空飛ぶタイヤ』、『坂道のアポロン』など話題作への出演が続く。


この舞台挨拶には柊子、中村映里子、松本若菜、 安藤玉恵、萬田久子、貫地谷しほりらキャスト陣に加えメガホンをとった西谷真一監督らもともに登壇。共演した女優陣からディーン・フジオカは「隙がない、ダメなところは見当たらないし、ふざけたところも見せない、欠点がない、常に紳士で完璧!」と口を揃える称賛ぶりだった。

(オオタマコト)





【ストーリー】

結婚しよう──それが、彼の別れの言葉。

完璧なヴィジュアルに知性的な会話、何よりも匂い立つその色気で女性たちを虜にする男がいる。彼の名は古海健児(うるみけんじ)、結婚詐欺師だ。ある時は小説家、またある時は空間コーディネーターと、次々と姿を変え、結婚詐欺を行っていく。騙された女たちは、ついに古海の相棒・千石るり子にたどり着くのだが……。「結婚」という魔物に騙された女たちと、騙した男にうごめく秘密と哀しみ―。彼らが持つ孤独と欲望の行き着く先とは!? そして古海の本当の目的とは!? スタイリッシュな映像で描き出す、大人のための愛の物語。




出演:ディーン・フジオカ

柊子 中村映里子 松本若菜 安藤玉恵 古舘寛治 萬田久子 貫地谷しほり

原作:井上荒野「結婚」(角川文庫刊)

監督:西谷真一 脚本:尾崎将也

主題歌:DEAN FUJIOKA「Permanent Vacation」(A-Sketch)

製作:「結婚」製作委員会/配給:KADOKAWA/©2017「結婚」製作委員会 

公式サイト:kekkon-movie.jp


映画『結婚』

6月24日(土)ロードショー!