映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』公開直前イベント

藤原竜也「しゃべれないことが多すぎて、早く公開してほしい」苦難を明かす。




7日、俳優の藤原竜也が主演する映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』の公開直前イベントが、東京・東急銀座にファンを集めて行われた。




藤原演じる曽根崎雅人が出版記念会見を行うシーンのように会場にはポスターが貼られ、曾根崎ガールズが立ち並ぶなど、再現された中でイベントがスタート。公開が今週末とあって登壇した藤原は「いよいよ公開が迫って来ておりまして、先日のハワイでの試写会では、上映後にいろいろと声を聞き、この作品に手ごたえを感じました。」とコメントした。


これまで藤原は精力的に宣伝活動してきたが、「しゃべれないことが多く、注意を受けることが多かった。」と明かし、宣伝しずらい作品と苦難を言葉にし、「早く公開して、皆さんとしゃべりたい。という気持ちです」と心境を露わにした。




また、このイベントでは「この告白本を会場のお客さん全員にプレゼントします!」と、サプライズ発表!会場のお客さんからは大歓声!大きな拍手も沸き起こった。さらに藤原から一人ずつにサインをし、握手の大サービスっぷり。



藤原は、サイン、握手と進めていくと「作家になったみたいで気分いい!」と、いつもの藤原スマイルをみせニッコリ。「自分でも本出しておけば良かった。一人一人の人と話せたり、こういった機会は貴重なのでやらせて頂いて良かったです。」と、上機嫌でイベントを終えた。

(オオタマコト)






【STORY】

時効を迎えた連続殺人事件。 その男は、突然現れた―。「はじめまして、私が殺人犯です」

阪神大震災、地下鉄サリン事件…混沌とした1995年に起きた5件の連続殺人事件。被害者に近しい者に殺人の瞬間を見せつけ目撃者をあえて殺さずに犯行をメディアに証言させる

―その残忍な犯行は世間の注目を浴びた。事件を担当する刑事の牧村は、あと一歩のところまで犯人を追い詰めるものの、事件は未解決のまま時効を迎えてしまうのだった。そして22年後のある日。一冊の本が日本中を震撼させる。その本のタイトルは、「私が殺人犯です。」それは、95年のあの事件の犯人と名乗る男が書き綴った殺人手記。出版記念会見に現れたのは、曾根崎と名乗る妖艶な男だった。過熱するマスコミ報道、SNSにより時の人になっていく殺人犯。しかしその告白は、新たな事件の始まりに過ぎなかった…




監督:入江悠

脚本:平田研也、入江悠

出演:藤原竜也、伊藤英明、夏帆、野村周平、石橋杏奈、竜星涼、早乙女太一、平田満、岩松了、岩城滉一、仲村トオル

原作:「私が殺人犯です」

配給:ワーナー・ブラザース映画

(C)2017 映画「22 年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会

公式サイト:http://www.22-kokuhaku.jp




映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』

6月10日(土)全国ロードショー!