映画『逆光の頃』初日舞台挨拶

高杉真宙の願い事は「ぼくの自宅が漫画喫茶みたいなったらいいな」




公開待機作品も数本控える人気ぶりの若手俳優・高杉真宙が主演する映画『逆光の頃』が、7月8日、公開初日を迎え、東京・新宿シネマカリテにて舞台挨拶が行われた。


舞台挨拶には主演の高杉真宙をはじめ、共演の葵わかな、清水尋也、金子大地、メガホンをとった小林啓一監督が浴衣姿で登壇した。



京都での撮影期間を振り返り、高杉は「京都の路地裏が好きで、そこにいるだけで京都の町並みが綺麗で他の地域とは違う雰囲気を散歩しながら楽しんでいました」と思い出に残っているという。共演の清水とは、時間があれば一緒に洋服を買いに行ったり、映画を観たりしたと明かし、京都での2年間に及ぶ撮影期間を懐かしんだ。


高杉は「この映画同様に京都での青春した時間を感じてもらえたらいいですし、この青春をお裾分けできたらと思います」と本作をアピール。


また、一緒にサウナに行った時に高杉の裸をはじめて見たという清水は『しなやかで素敵』との感想に高杉を含め会場の笑いを誘っていた。


公開日の前日は7月7日七夕だったこともあり、願い事を聞くと、高杉は「叶うならば、ぼくの自宅が漫画喫茶みたいになったらいいな。漫画は大好きなので、いま1,000冊ちょいある漫画を10,000冊を目指して頑張ります!」と願いを込め願望を語り「呼ぶね!」と清水らに呼びかけていた。


一方、葵は「普段浴衣を着ることがないので浴衣を着てお祭りに行けますように」と話し、さらに「お祭りの醍醐味といえば食べることなので帯はゆるめに巻いて行きます」と願いを込めていた。


最後にフォトセッションを終えるとキャスト4人で、こっそりアニメの話で仲良く盛り上がっている姿が微笑ましかった。

(オオタマコト)






【STORY】

日本の歴史を感じさせる古都、京都。 京都生まれの京都育ちの赤田孝豊。どこにでもいるような平凡な高校二年生 の孝豊は 、同級生たちとの友情やケンカ、幼なじみの女の子への恋などを経験していく・・・。 思春期ならではの人生に対する漠然とした不安を抱えながら、 一歩前に進みだそうとする。



出演:高杉真宙 葵わかな 清水尋也 金子大地 田中壮太郎

脚本・監督 : 小林啓一(映画「ももいろそらを」「ぼんとリンちゃん」)

原作:タナカカツキ「逆光 頃」(講談社「モーニングKC」所載)

(C)タナカカツキ/講談社・2017 東映ビデオ/マイケルギオン

原作/タナカカツキ「逆光の頃」(講談社「モーニングKC」所載)



映画『逆光の頃』

新宿シネマカリテほか全国順次公開中!