ディズニー/ピクサー最新作

映画『カーズ/クロスロード』マックィーン応援フェス

奥田民生、フルコラース熱唱!エンドソング生歌を初披露!!




7月13日、公開直前に控え、映画『カーズ/クロスロード』のマックィーン応援フェスが、東京・EX THEATER ROPPONGIにて行われ、日本版エンドソング『エンジン』を手掛けたアーティストの奥田民生が出席した。




本作の日本語吹替版キャストには、クルーズ役に松岡茉優、ストーム役に藤森慎吾、メーター役には山口智充が参加し、このイベントにも出席。この中でも第1作目からメーター役を担当してきた山口は「マックィーンの応援ということで、これは僕も行かなくては!」と応援に駆けつけた。




ディズニー / ピクサー作品『カーズ』シリーズの第3弾。そして本作の日本版エンドソング『エンジン』をアーティストの奥田が手掛けている。舞台に登場した奥田は「予告編を見てイメージをふくらませて書き下ろした楽曲。迷惑がかからないように。まったく見当違いな曲を作らないように」との奥田節に客席の笑いを誘っていたが、同シリーズの大ファンとして素晴らしい曲を提供している。




さらにイベントでは、奥田を筆頭に小原礼(B)、堀之内大介(Dr / Base Ball Bear)、金澤ダイスケ(Key / フジファブリック)、木内健(G)のバンドメンバーを揃え、日本版エンドソング『エンジン』を初の生歌披露。会場を包み込むパフォーマンスに日本版キャスト、客席を魅了。




このパフォーマンスに大興奮の松岡は「はとこたちも大好きで。3歳の男の子が予告編を見て何度も口ずさんでいました!全世代の方に届く曲だと思います」とエピソードも語られた。応援フェスも盛り上がりをみせ最後のフォトセッション後には、藤森、山口、松岡、奥田らが自撮りを行うなど、キャストも大興奮のまま終えた。

(オオタマコト)




【STORY】

天才レーサー“マックィーン”を待ち受けていたのは、新たなハイテク世代の台頭と、レース人生を揺るがす大クラッシュだった。夢の続きか、それとも新たな道か?マックィーンは新たな相棒クルーズとともに“人生の岐路”に立ち、運命の決断を迫られる。



監督:ブライアン・フィー

製作総指揮:ジョン・ラセター

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

©2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.


ディズニー/ピクサー最新作『カーズ/クロスロード』

大ヒット公開中!