タツノコプロ55周年記念作品

新番組『Infini-T Force(インフィニティ フォース)』放送1ヶ月前記念イベントに声優・関智一登壇!

映画化プロジェクト発表!2018年2月公開決定




10月よりTV放送が始まるアニメ新番組『Infini-T Force』の放送1ヶ月前記念イベントが、8月24日、汐留・日本テレビで開催中の「超☆汐留パラダイス」にて行われ、トークショーに声優の関智一と本作が初監督となる鈴木清崇監督が登壇した。



徐々にその全貌が明らかになりつつある新作テレビアニメーション『Infini-T Force(インフィニティ フォース)』。今年、日本を代表するアニメーションスタジオ、タツノコプロが55周年を迎える。その55周年を記念してタツノコヒーローを代表する4大キャラが集結!世界に誇るタツノコヒーロー作品から『科学忍者隊ガッチャマン』『宇宙の騎士テッカマン』『破裏拳ポリマー』『新造人間キャシャーン』の主役キャラクターたちがリデザインされ、タツノコプロのレジェンズヒーローたちが共闘し、悪に立ち向かう物語が描かれる。



イベントでは、タツノコ・レジェンズ『科学忍者隊ガッチャマン』『新造人間キャシャーン』『破裏拳ポリマー』『宇宙の騎士テッカマン』などの映像を観ながら解説。本作にてガッチャマン(G-1号)/鷲尾健役の関は「この作品の中で『破裏拳ポリマー』が超好きです!」と目を輝かせた。


また『宇宙の騎士テッカマン』についてはトラウマシーンがあるといい、当時、「テッカマンの変身シーンは苦手で観てて怖かった…」と苦笑い。


本作で(ガッチャマン/大鷲の健)の声を担当する関は「ガッチャマンは再放送で、世代的には『ガッチャマンファイター』を観てて、よく真似をしてました」と当時を振り返り懐かしんでいた。




新作となる『Infini-T Force』はオリジナルのキャラクターデザインを尊重しつつリデザインしたといい、関も「ゴツゴツした感じになってしまったり、まったく違うデザインになってしまいがちだが、今回のは遠目から見てもキャラクターが分かるし、いまの人が見てもアメコミヒーローみたいでスタイリッシュで好きになってもらいやすい」と、鈴木監督のチョイスに太鼓判を押した。


関をはじめ、櫻井孝宏、鈴村健一、斉藤壮馬と豪華人気声優陣が参加する本作。「アフレコ現場では、みんながタツノコプロ作品で育った世代なので懐かしみながら盛り上がってます。元々先輩たちが演じてきたものを引き継いでやっているので、そういう意味でリスペクトしつつ、自分らしさも入れている」と明かした。


イベントでは冒頭部分の上映を行い、会場に集まった観客も観入っていた。まだまだベールに包まれた作品ながら全12話、現在、鋭意制作中という。


さらに映画化プロジェクトが決定し『劇場版 Infini-T Force』(仮)として、配給・松竹、2018年2月公開決定に加え、声優キャスト陣もTVシリーズの関智一、櫻井孝宏、鈴村健一、斉藤壮馬が続投すると大発表された。



イベントの最後にはガッチャマンの「バードゴー!」と、関がセリフを披露!「道で声をかけられてもやりますよ!」といい、観客の笑いを誘い、さらに「バードラン!」のセリフとともに観客が倒れて行くという一幕に大盛り上がりをみせたイベントとなった。

(オタタマコト)




声の出演 

関智一(ガッチャマン/鷲尾健役)

櫻井孝宏(テッカマン/南城二)

鈴村ふは(ポリマー/鎧武士)

斉藤壮馬(キャシャーン/東鉄也)


監督:鈴木清崇

シリーズ構成:大野敏哉

スーツ・メカニックデザイン:中北晃二

キャラクター原案:大暮維人

ヒーローデザイン原案:さとうけいいち


(c)タツノコプロ

(c)タツノコプロ/Infini-T Force 製作委員会



タツノコプロ55周年記念作品

『Infini-T Force(インフィニティ フォース)』

10月3日(火)25:59〜日本テレビほかにて放送開始

読売テレビ・札幌テレビ・静岡第一テレビ・広島テレビ・福岡放送にて10月より放送



『劇場版 Infini-T Force』(仮)2018年2月公開決定!