映画『パーフェクト・レボリューション』完成披露舞台挨拶

清野菜名、「台本と同時に監督からもらった手紙がとても嬉しかった!」







9月7日、映画『パーフェクト・レボリューション』完成披露舞台挨拶が、東京・TOHOシネマズ新宿にて行われ、若手演技派女優の清野菜名が出席。清野といえば、10月よりスタートする帯ドラマ番組『トットちゃん!』にて、ヒロイン役に抜擢され、若かりし頃の黒柳徹子を演じる。その姿に「私だと思った!」と黒柳本人を驚かせていたほど似ているという。その清野が本作では、人格障害のある風俗嬢・ミツを演じている。



本作は障害者への理解を求める活動を続ける熊篠慶彦の実体験をもとに、車椅子生活を送るクマと、精神に障害のある美少女・ミツのハチャメチャな恋を描くラブストーリー!





これまで出演してきた多くの作品でその熱演が注目されてきた清野。今回の役について「台本と同時に監督から手紙を頂いて、はじめてのことでそれが凄く嬉しかったです。台本を読んでみて、さらっと読めてとても面白かったし、頭の中で、ミツが勝手に動いて生きていたので、『私、ミツやる絶対やるな!』と思って、もう興味しかなかったです」と、自分自身が演じることを確信したと清野。


この役を演じて「台本を読んだ時、素直に『すごく面白い』と感じ、役としてはとても難しさを感じましたが、松本監督と熊篠さんにいろいろ聞きながら、自分が感じたまま思い切り演じました。この時、ミツとあたしは一心同体だったと言い切れます」と、これまでコメントしていたのもとても頷ける。


また監督からの手紙には「ミツの笑顔と清野さんの明るい笑顔はぴったりだと思う」と書かれていたと明かしたが、いままで内容を忘れていたといい、直前に思い出したと笑ってみせた。


本作について「この映画はちょっと暗いかなと思うかもしれないけど、ほんとに馬鹿げているところもあったりとか、楽しくハッピーな作品なので皆さんも構えず、楽しんで観てください」とアピール。




この舞台挨拶には共演のリリー・フランキー、小池栄子、松本准平監督、企画・原案、本作のクマのモデルとなった熊澤慶彦らも登壇。さらに劇中歌を担当した銀杏 BOYZの峯田和伸もサプライズ登壇し、出演者に花束を贈った。


さらに劇中を彷彿させるかのように熊澤の車椅子の後ろに清野が乗り手を振りながら、屈託のない笑顔で舞台挨拶を終えたのがとても印象的に残る舞台挨拶となっていた。

(オオタマコト)



【STORY】

泣いてもいい、笑われてもいい。障害なんて二人で超える。革命は起こせる。

クマは幼少期に脳性麻痺を患い、手足を思うように動かせず車椅子生活をしている。ただし彼はセックスが大好き。身体障害者にとっての性への理解を訴えるために活動している。そんな彼が、ある日、美少女・ミツと出会う。障害者であるにもかかわらず生き生きと生きているクマに、ミツは「あなたとわたしみたいなのが幸せになれたら、それってすごいことだと思わない?」「それを世界に証明するの!」。どんな不可能も可能にする、ハチャメチャだけど純粋な、クマとミツの“最強のふたり”のラブストーリーがいま始まる!



出演:リリー・フランキー 清野菜名 小池栄子 岡山天音 余貴美子

監督・脚本:松本准平(『最後の命』)

企画・原案:熊篠慶彦(著書「たった5センチのハードル」「身体障害者の性活動」) 

劇中曲:銀杏BOYZ

エンディングテーマ:チーナ


制作・配給:東北新社

©2017「パーフェクト・レボリューション」製作委員会 

PG-12




映画『パ ーフェクト・レボリューション』

9月29日(金)TOHOシネマズ新宿他にて全国ロードショー!