映画『アウトレイジ 最終章』ジャパンプレミア舞台挨拶

北野武監督をはじめ総勢13名の名優たちが登壇。




10月7日の公開に先駆け、9月25日、東京・イイノホールにて、映画『アウトレイジ 最終章』のジャパンプレミアが行われ、この舞台挨拶には北野武監督をはじめ、西田敏行、大森南朋、ピエール瀧、松重豊、大杉漣、塩見三省、白竜、名高達男、光石研、池内博之、金田時男、岸部一徳の総勢13人が登壇。この錚々たる名優たちの顔ぶれに観客を圧倒し魅了した。




本作で初参加となった大森は「『アウトレイジ』への出演のチャンスはないものかと思っていたと明かした大森は「ふたを開けてみれば加瀬亮くんが出てまして嫉妬を覚えました。そして第2作では僕なりに行動をしたんですが引っかからず、桐谷健太くんや新井浩文が出ていて」と、嫉妬や妬みを感じつつ、「最終章が作られると聞いたとき、すごくアプローチさせていただきました。やっと出演ができ、本当に夢が叶った」と感無量の思いを語った。



また、この撮影前に西田は「撮影は、頸椎亜脱臼で4カ月間の病院生活が終わった直後に始まったんです。塩見三省くんも脳出血から復帰したところでお互いにリハビリをしながらの撮影になりました」と振り返り、「初日は2人ともみんなに抱えられながらの撮影だった。北野監督に支えられた」と、本作の完成に感慨深さと北野監督への感謝の気持ちを述べた。




また塩見からも「北野監督と前作に続いて、また仕事ができたこと、最高の喜び、最高の時間でした。『アウトレイジ 最終章』、グッとくる映画です!」と声を張りアピールすると客席からの大きな拍手で会場は包まれていた。




本作で、北野武監督としてメガホンを取り、ビートたけしとして出演し、「まだ話は続けられるが最終章にしたのは長続きさせれば死んだ人がもう一度出てくることになりそうだから」と、北野節を交え、客席の笑いを誘つつも「ありがたいことに僕の映画は日本を代表する役者さんが出演をOKしてくれる。台本さえ渡せば現場は勝手に進行してしまう」と感謝の言葉を綴った。

(編集部)







【あらすじ】

《関東【山王会】vs 関西【花菱会】》の巨大抗争後、大友(ビートたけし)は韓国に渡り、日韓を牛耳るフィクサー張会長(金田時男)の下にいた。そんな折、取引のため韓国滞在中の【花菱会】幹部・花田がトラブルを起こし、張会長の手下を殺してしまう。これをきっかけに、《国際的フィクサー【張グループ】vs巨大暴力団組織【花菱会】》一触即発の状態に。激怒した大友は、全ての因縁に決着をつけるべく日本に戻ってくる。時を同じくして、その【花菱会】では卑劣な内紛が勃発していた……。




監督・脚本・編集:北野武

出演:ビートたけし 西田敏行 大森南朋 ピエール瀧 松重豊 大杉漣 塩見三省 白竜 名高達男 光石研 原田泰造 池内博之 津田寛治 金田時男 中村育二 岸部一徳

配給:ワーナー・ブラザース映画/オフィス北野 

©2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会 



10月7日(土)全員暴走!