映画『あゝ、荒野』前編 初日舞台挨拶

菅田将暉、ヤン・イクチュンからの「好きです」との告白に戸惑いの苦笑い 






10月7日、菅田将暉、ヤン・イクチュンのW主演作『あゝ、荒野』前編が公開初日を迎え、東京・丸の内ピカデリーにて初日舞台挨拶が行われた。この舞台挨拶には主演の菅田将暉、ヤン・イクチュンをはじめ、木下あかり、山田裕貴、木村多江、 ユースケ・サンタマリア、高橋和也、岸善幸監督らが登壇した。




ヤン・イクチュン演じるバリカン
菅田将暉演じる新次


本作にちなみガウンを纏いボクサースタイルでゴングとともに客席からの登場に大歓声で迎えられた主演の2人は壇上に上がると、イクチュンはファイティグポーズを決め、菅田は、『新宿・新次!』のアナウンスとともに拳を振り上げると会場は大きな拍手に包まれた。


登壇した菅田は「なんか恥ずかしいよね。こういう時、役者ってダメだよね」と大照れ。またイクチュンも「もっと恥ずかしい」と顔を赤らめていた。




本作が前編、後編と合わせて305分を超える長尺作品になるとは思ってなかった?と訊かれると、イクチュンは撮影では長尺作品と聞いてなかったといい、「一本の短い映画だと思っていた。撮影の途中に知りました」と明かすと、菅田から「誰も教えなかったの?3ヶ月も撮影してたのに」とツッコミを入れる場面も。




本作が5時間を超える作品とあって菅田は「岸監督、編集大好きなんですよ。愛がなければ成立しないし、撮影では70時間以上撮ってて、それを5時間にしてるんですから」と驚きの声をあげた。


また、質問の中で、イクチュン演じるバリカンと菅田が演じる新次ではどちらがタイプか?という女性目線の質問に、イクチュンは「シャワーシーンのためにいっぱい触りました。『好きです』」と、突然の告白に菅田は「後日、事務所を通して」と、返すと笑いを誘い客席を大いに沸かせた。

(編集部)






かつて、母に捨てられた新次(菅田将暉)は兄のように慕う劉輝と共に詐欺に明け暮れていた。そんなある日、彼らは仲間の裕二らにより襲撃されてしまう。そして2021年新宿。行き場のないエネルギーを抱えた新次は劉輝を半身不随にした裕二への復讐を誓っていた。一方、同じ新宿で吃音(どもり)・赤面対人恐怖症に悩む”バリカン”こと建二(ヤン・イクチュン)はいつも通り床屋のティッシュ配りをしていると、ひょんなことから新次と共に″片目“こと堀口からボクシングジムへと誘われる。言われるがままボクシングジムを訪れた2人は、それぞれの想いを胸にトレーニングを始める。新次はボクシングで裕二への復讐を果たすため。バリカンは内気な自分を捨てるため。試合を重ね、徐々に名を挙げて行く新次に対し特別な感情を抱くようになっていく建二。そのさなか、新次は宿敵・裕二との戦いに挑む。一方、バリカンもまた大きな決断を下し、新次との関係が変わろうとしていた…。





出演:菅田将暉、ヤン・イクチュン、木下あかり、モロ師岡、高橋和也、今野杏南、山田裕貴、でんでん、木村多江、ユースケ・サンタマリア ほか

原作:「あゝ、荒野」寺山修司(角川文庫)  

監督:岸 善幸  撮影:夏海光造  脚本:港岳彦/岸善幸

音楽:岩代太郎 主題歌:BRAHMAN「今夜」(NOFRAMES recordings/TOY’S FACTORY/TACTICS RECORDS)

制作・配給:スターサンス

制作プロダクション:テレビマンユニオン

©2017『あゝ、荒野』フィルムパートナーズ  R15+



10月7日(土)前篇、10月21日(土)後篇 新宿ピカデリー他 2部作連続公開