映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』大ヒット記念舞台挨拶





11月の公開以来、一生のお願いだからクボを観て!と口コミで拡がり“#クボおすすめ”と、SNSでも拡散され上映館数を増やし大ヒットとなっている映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』が、12月20日、東京・新宿バルト9にて大ヒット記念舞台挨拶を行った。

この舞台挨拶には『映画秘宝』にて主人公の少年・クボに扮したことで話題となった女優ののんが、映画秘宝編集長の岩田和明氏と登壇した。


企画として映画秘宝の表紙を飾ったのんは、この撮影を振り返り、「クボがすごく少年なんだけど、力強い感じに憧れたので素敵だなと思って、是非やりたいと思いました。」とこの企画のオファーを快諾した経緯を語った。

またクボは着物に下はピタッとした感じで、そして足袋に草履などビジュアルも素敵だったと目を輝かせていた。

この撮影のコンセプトは『完コピ』といい、着物の模様もしっかり再現!リスペクトの気持ちを込めたという。

撮影でのポーズには苦労したとのん。「クボと同じ感じにするが難しくて、スタイルも全く違うので、流石に脚を細くしたりするのが追いつかなくて…」と本気で体型まで似せようとしていたようで、「流石にこの細さは再現しきれず…」と漏らしていた。


髪型も気を使い髪を束ねるのもすごく気を使ったといい、目の隠れ具合も難しかったという。さらに目つきも研究し、つり目になる角度も考えたと明かした。

クボのポーズについては参考資料に『劇団新感線』のパンフレットを使い、その中から参考にしたと明かし、スクリーンに映し出されたポーズは、お気に入りで、クボの繊細な感じが出てるといい、このポーズは劇団新感線の古田新太の五右衛門ロック公演のポーズをそのまま真似たものと明かすと、のんも「楽しかったですよ!」とニッコリ!満足げ。

さらに撮影で使用された特別に作られた剣が登場!のんも撮影以来とあって振り返ると「すごく興奮しました!楽しかったですし、結構ズッシリしてて、片手でポーズを取るのは大変でした。」と苦労を語ったが、この日、改めて持ってみると筋力がついたのか「片手でいける!」と自信をみせていた。

この金色の剣にはサインもしてあるとのん。
今後もこの企画は続けたいらしく、ワンダーのん、サムライのん、と続き、次はと尋ねると「難しいな…全然考えてなかった…」と悩み、「ゴリゴリの男っぽいのがやりたい!」といい、候補には、偶然にも現在来日中のウィル・スミスが映画『スーサイド・スクワッド』で演じたデッドショットをあげ、「ムキっとスーツ着て!かっこいい」とやる気満々の意気込みをみせていた。

再びこの企画で、のんの完コピコスプレが観れるのも近いのかもしれない。
(編集部)










映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』公開記念舞台挨拶

川栄李奈、「高笑いは得意!戦いのシーンの声が難しかった」と、初の悪役声優にチャレンジ





11月18日公開を迎えた映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』の公開記念舞台挨拶が、11月21日に東京・新宿バルト9にて行われ、日本語版声優を務めたピエール瀧、川栄李奈が登壇した。




日本語吹替え版で声優で参加した2人とも何度か声優経験あるといい、今回、クワガタ役に決定した際、瀧は「ライカの一員になれた事が光栄『KUBO』の世界の虜になった。」ココラインとボタンの魔女からファンとコメントしていた瀧は、声優オファーに二つ返事でOKした」と、快諾したことを明かした。




本作で、恐ろしい風貌と迫力でクボたちを追ってくる“闇の姉妹”の2役を演じ、この役をやることになり、川栄は「このお話をいただいて、すごく嬉しかったです。」と喜びのコメント。


闇の姉妹”の2役を演じ、声優では初の悪役にチャレンジした川栄は「声優をやる機会はそんなにないので、ひたすら練習しました。」といい、オリジナルではルーニー・マーラが演じる声に「素敵で、ゾッとしたので、それに近いものにしたいと頑張りました」との影の努力の成果もあって客席からは拍手が沸き起こった。


また本編で悪役らしい高笑いの声を出すシーンについては、「普段から笑うことが多いので、笑いは得意だったかもしれないです」と笑顔をみせ、印象に残っているセリフを訊くと、「セリフというより戦いのシーンで出す声が難しく『うっ!』『あっ!』とかを10パターンぐらい録ったりしてそれが難しかったです」と、一番の苦労を明かしていた。



また本作の感想を訊くと、「盆踊りとか日本の良さがでていて、海外の方が作ったものとは思えない。日本人が観ても素敵だなと思いましたね」と、その作り込まれた情景に感心してしまったという。


闇の姉妹という声優では初の悪役にチャレンジした川栄は今後やってみたい役について「ホラーが大好きなので、幽霊の役をやりたい」と、笑顔で願望を語った。

(編集部)














映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』日本語吹替え版完成披露舞台挨拶

声優挑戦の小林幸子がシークレットで降臨!!







11月8日、東京・新宿バルト9にて、11月18日の公開を直前に控え、ストップモーションアニメ映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』の日本語吹替え版の完成披露試写会が行われた。この舞台挨拶にて、未発表だった声優キャストが発表され、シークレット声優として、ラスボスこと歌手の小林幸子が出席。主題歌楽曲を担当する吉田兄弟とともに登壇した。





声優経験が豊富な小林。声優初挑戦となった『トムとジェリーの大冒険』('95)をはじめ、『劇場版ポケットモンスター/ミューツーの逆襲』('98)、『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル』('00)、『ルイスと未来泥棒』('07)から10年ぶりの声優挑戦となる。



本作は情感あふれる日本の風景や風習を、美しく描き、本年度アカデミー賞やゴールデン・グローブ賞のノミネートを始め、“アニメ映画界のアカデミー賞”と称されるアニー賞でも3冠受賞など映画賞を総なめにしている話題作。






本作で、小林は主人公クボの良き理解者であり、クボを温かく見守るおばあちゃんのカメヨ役を担当。本作にちなみ鶴の柄の着物に折り鶴のかんざしといった和装で登場した小林は「この鶴の折り紙のひとつは、私のスタッフが、この映画のチラシで作ったもの」と明かし、観客にも見えるように説明すると、その素晴らしい装いに観客からの拍手に包まれた。



カメヨ役について訊くと、「おばあちゃん役!キターーー!!と思いましたね!とても興味があって、私なりのおばあちゃんの役、一番似合っているんじゃないかなと思いました。」と自信をみせ、「初めてのおばあちゃんの役。クボの良き理解者で、とてもチャーミングで可愛らしいおばあちゃんです。『私は今日は目一杯、おめかししてきたんだよ』という台詞がお気に入りなんですよ」と、実演する場面もあり、あたたかいおばあちゃんとアピールした。


またアフレコについて「歌と同じなんです。師である古賀政男先生が『歌は語れ、芝居は歌え』との教えがあり、その気持ち、人物になりきることで、すっと入ることができた。歌とは違うものの気持ち的には同じこと」と語り、本編でははしゃぎシーンもあることからアフレコの次の日には声が出なかったこともあったという。




この舞台挨拶では吉田兄弟による三味線生演奏もあり、その音色に会場を盛り上げた。制作のスタジオライカから「吉田兄弟とタッグを組みたい」とのラブコールで実現したといい、本国版のエンディング楽曲は、米女性シンガーのレジーナ・スペクターが歌う同曲であるが、日本語吹替え版主題歌では、吉田兄弟の美しい三味線の音色でカバーされている。


最後のフットセッションでは本作で使用されたクボの人形も登場。その精巧な作りに小林も吉田兄弟も興味津々となっていた。

(編集部)






【STORY】

三味線の音色で折り紙に命を与え、意のままに操るという不思議な力を持つ少年・クボ。幼い頃、闇の魔力を持つ祖父に狙われ、助けようとした父親は命を落とした。その時片目を奪われたクボは、最果ての地まで逃れ母と暮らしていたが、更なる闇の刺客によって母さえも失くしてしまう。 追手である闇の魔力から逃れながら、父母の仇を討つ準備を進めるクボは、道中出会った面倒見の良いサルと、ノリは軽いが弓の名手のクワガタという仲間を得る。やがて、自身が執拗に狙われる理由が、最愛の母がかつて犯した悲しい罪にあることを知る―。


監督:トラヴィス・ナイト

声の出演:アート・パーキンソン(クボ)、シャーリーズ・セロン(サル)、マシュー・マコノヒー(クワガタ)、ルーニー・マーラ(闇の姉妹)、レイフ・ファインズ(月の帝)

日本語吹替え声優

ピエール瀧 川栄李奈 小林幸子

字幕翻訳:石田泰子

 ©2016 TWO STRINGS, LLC. All Rights Reserved. 



大ヒット公開中!