映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』完成披露会見






11月24日、その発表から話題沸騰中の映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL  ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』 の完成披露上映会が行われ、キャスト、スタッフによる完成披露会見が行われた。



登壇者

【仮面ライダービルド】

犬飼貴丈、赤楚衛二、高田夏帆、滝裕可里、水上剣星

 

【仮面ライダーエグゼイド】

飯島寛騎、瀬戸利樹、松本享恭、岩永徹也、松田るか、小野塚勇人、 甲斐翔真、黒崎レイナ

 

大槻ケンヂ

上堀内佳寿也監督


会場:丸の内TOEI




平成のレジェンドライダーからは仮面ライダーゴースト、仮面ライダー鎧武、仮面ライダーフォーゼ、仮面ライダーオーズたちが参戦!さらに天空寺タケル(西銘駿)、葛葉紘汰(佐野岳)如月玄太郎(福士蒼汰)、火野映司(渡部秀)、アンク(三浦涼介)らオリジナルキャストが大復活するとあって、これまでにない反響を呼び期待を膨らませていた。


舞台挨拶前に行われた会見では、報道陣のみとあって、仮面ライダービルド組、仮面ライダーエグゼイド組と緊張の表情をみせていた面々。仮面ライダービルド組にとっては初の映画とあって主演の犬飼も緊張ぎみ。





仮面ライダービルド・桐生戦兎役を演じた犬飼は「初の映画、主演作品ということで完成されるのを楽しみにしてました。」と完成を心待ちにしていたといい、緊張ぎみだった表情も少しほぐれた様子。




本作にて消滅計画を企む凶悪な科学者、最上魁星(もがみかいせい)であり、史上最凶の敵であるカイザー役を演じた大槻は、この映画へのオファーに「何のご冗談をと思いまして、何の番組のドッキリかと…お話だけ聞こうと思っていたら、スタッフ一同で、即、この格好にさせられました。」と驚きを隠せなかったが、「初代仮面ライダーから見てる世代なので光栄かつ恐縮です。」と、喜びのコメント。さらに、現在平成ライダーを観て勉強中という。


また早朝からの撮影に驚きと現場のスタッフたちの働きに素晴らしいと称えた。





会見の行われた11月24日は、進化の日ということで、仮面ライダービルドになって最近変わったことについて訊くと。


犬飼は「子供たちのお手本になるように行動しなければならないと自覚があって、信号とかは少しでも点滅したら止まるようにし、いつ、どこで見られてるか分からないので、そういう意識を常に持つようになりました。」と、慌てることないように時間に余裕を持って行動するようになり、仮面ライダービルドの撮影で鍛えられているという。




仮面ライダーエグゼイド・宝生永夢役を演じ、1年前の自分からパワーアップしたことについて訊くと。


飯島は「右も左も分からなかったんですけど、いろいろ人に支えていただいて、お芝居の勉強もできましたし、仮面ライダーとして、ちょっとは成長できたんじゃないかなと。今回の映画でも犬飼くんが後輩ライダーということで、気合い入れまくって、一つ一つのシーン、変身シーンも力を入れて笑われたりもしたんですけど、そういう心がけはしました。」と、気合いと熱意を込めていると笑顔をみせていた。


また犬飼から「9月にチームビルドで、ご飯会を前川さんに開いてもらったんですけど、それ以来、行けていないのでまた集まって行きたいと計画中です。」とチームビルドの目標を明かした。


松田から「インフルエンザの予防接種に行った?」とチームエグゼイドの面々に訊くと、ほとんどのキャストが手を挙げ、さすがドクターズと笑いを誘っていた。



この1年を振り返りメガホンをとった上堀内監督は「いろいろやらせてもらいましたが、欲を言えば今年中に、もう1本、仮面ライダーに関わる作品をやらせていただきたいと思ってます!よろしくお願いします!」と猛アピールする場面も。





会見の最後には、どのようなライダーになって行きたいか犬飼に尋ねると、「レジェンドライダーの中では佐野岳さんと絡ませてもらい、初めて仕事で一緒になりました。ものすごく背中が大きく見えて、1年背負ってきたものが現場で如実に現れるものなんだなと思って、僕も半年後にはそういう風に見られるようになっていたいと思いました。」と語り、会見を終えた。

(編集部)




窮地に陥るビルドとエグゼイド。そして立ち上がる“あの”戦士たち。

仮面ライダー新次元の物語が、あなたを震撼させる。

最後の『平成ジェネレーションズ』で、計測不能の化学反応(ベストマッチ)を体感せよ――



12月9日(土)全国ロードショー!