清水栄一 下口智裕 神山健治 荒牧伸志


【 東京コミコン 2017 】

フル3DCGアニメ『ULTRAMAN』製作発表

 

 

 

 

 

 

日米ポップ・カルチャーの祭典として、既存のコミック・映画・アニメ・ゲームなどのイベントとは一線を画し、 革新性と楽しさを共有する空間を創出した世界最大級のイベント、東京コミコンにて、12月1日、人気コミック『ULTRAMAN』のアニメ化が発表された。

 

この製作発表には、監督を務める神山健治、荒牧伸志の両氏が出席。制作はProduction I.G.、SOLA DIGITAL ARTSが担当し、2019年フル3DCGアニメーションで公開を予定している。

 

 

マンガ雑誌「月刊ヒーローズ」で連載する『ULTRAMAN』(清水栄一×下口智裕)は、初代ウルトラマンであったハヤタ・シンの息子、早田進次郎がスーツを身にまとって戦う「等身大ヒーロー」としてのウルトラマンを描き、累計発行部数260万部を突破する人気コミック。

 

 

 


拍手で迎えられステージに登壇した神山、荒牧の両監督は本作を共同で監督するとのこと。そしてこの歴史ある『ウルトラマン』というタイトルに携わることになった思い訊くと、


神山は「ウルトラマンは僕が生まれた年に放映がはじまってるぐらいで、大好きで歴史ある作品。自分ではウルトラマンに携わるとは思ってなかったので、光栄に思いますし楽しみにもしてます。」とコメント。


荒牧は「僕は『ウルトラQ』からリアルタイムで観ていたので、オープニングの提供番組から覚えてるぐらい毎週楽しみ見ていました。その作品の流れをくむ作品を監督させてもらえるのは光栄ですし、力が入ります!」と語り、両監督ともにアニメ『ULTRAMAN』への熱い意気込みが伝わってきた。



ステージでは『ULTRAMAN』のティザームービーも公開され、客席の目も釘付けに。このティザームービーは、まだイメージ的なものといい、「本作の特徴はモーションキャプチャーを使用し、3DCGアニメーションにするという。また、スーツの質感もさることながらモーションキャプチャーで撮られたものをさらにアニメの外連味があり、モーションキャプチャーとアニメの丁度良い落としどころで制作してます。」と、神山、荒牧の両監督が解説。ビジュアル面でも“誰も見たことのないウルトラマンを目指す!"という。




またイベントにはコミック『ULTRAMAN』の原作を手掛ける清水栄一、下口智裕がサプライズ登場。アニメ化の発表に2人ともに「アニメに負けないように頑張りたい!」と意気込んだ。



さらにイベントには『ULTRAMAN』から早田進次郎が身にまとうスーツが登場!その細部まで再現された姿に客席からもどよめきとともに歓声も上がり、さらに両腕が可動、発光し、スペシウムブレード、スペシウム光線をリアルに再現するギミックに観客だけでなく、神山、荒牧の両監督も驚かせ、

『アニメの参考になる!』と興味津々に全体を見つめていた。


『ULTRAMAN』アニメ化発表とともに話題をさらったこのスーツの登場にSNSでは「実写化して欲しい!」との声も多く上がり、東京コミコンでの最大のニュースとなっていた。

(編集部)




東京コミックコンベンション2017

2017年12月1日(金)

12:00~19:00

2日(土)10:00~19:00

3日(日)10:00~18:00

場所 幕張メッセ ホール9-11