映画『オリエント急行殺人事件』スペシャルイベント

監督・主演のケネス・ブラナーが2年ぶりの来日







12月5日、東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われた映画『オリエント急行殺人事件』のスペシャルイベントに監督・主演の名匠ケネス・ブラナーが出席。ミステリーの女王”アガサ・クリスティの傑作小説をベースに新作映画として、監督と名探偵・ポアロ役を兼任。



これまでブラナーは、5度アカデミー賞にノミネートされ、近年ではディズニーの実写版『シンデレラ』を監督し大ヒットさせるなど手腕を発揮。本作にはジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー、デイジー・リドリー、ジュディ・デンチ、ペネロペ・クルスら超豪華キャストが共演する本作を引っ提げての来日。世界中で大ヒットとなっている本作は早くも名探偵ポアロの続編も制作が決定してるという。




イベントにはポアロの日本語吹替え声優を務めた草刈正雄と、オスカー女優ジュディ・デンチ演じるドラゴミロフ公爵夫人の吹替え声優を務めた山村紅葉も登場し、ブラナーとの初対面を果たした。


ブラナーに初対面の感想を尋ねると、「2人の吹替え版も観させてもらいました。素晴らしい声をつけてらして、楽しんで観ました。出演した友人たちも喜んでいると思います。」とコメントし太鼓判を押し2人に笑顔をみせた。



草刈もこの対面に「もう光栄ですよね。」と緊張しつつもニッコリ。いつもの草刈スマイルをみせていた。

また山村も「監督と主演と両方してて素晴らしいですよね。天才といわれる方は、シャイだったり、難しかったりが多いので心配してたんですけど、とてもフレンドリーで、暖かくて優しいので好きになりました。」と、とても好印象を持ったようだ。




本作での拘りについて訊くと。


ブラナーは「ディテールに拘って、この映画をつくりました。お客さんを全員、あの列車に乗せて語りたいです。そして感動、ラストにはサプライズも用意してありますし、」と、これから観るファンへメッセージを贈り、アピール。


レッドカーペットではサインや写真など快く対応し、時間が足りなくなるほどのファンサービスと笑顔を絶やさないブラナーにファンも魅了されたことだろう。

(編集部)










監督:ケネス・ブラナー

出演:ケネス・ブラナー、ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー、デイジー・リドリー、ジュディ・デンチ、ペネロペ・クルス


© 2017Twentieth Century Fox Film Corporation  

配給:20世紀フォックス映画



12月8日(金)全国ロードショー!