映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』レッドカーペットイベント






世界的な大ヒットとなった前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の続編となる最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が12月15日からの公開を直前にキャスト・スタッフが来日。12月6日、東京・六本木ヒルズアリーナにて豪華なレッドカーペットイベントが行われた。




シリーズ史上最大の”衝撃作”といわれる本作。イベントには伝説のジェダイ・ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミル、カイロ・レン役のアダム・ドライバー、ライアン・ジョンソン監督、ルーカスフィルム社長キャスリーン・ケネディらが登壇。フォトセッションにはプロデューサーのラム・バーグマンも乱入した。



前日の5日に成田国際空港に到着したマーク。空港には約400人のファンが集まりマークを出迎えた。この集まったファンのためにサインや写真など時間の許す限り対応するなど、ファンもこの神対応に歓喜の声を上げ、同じく同便にてアダム・ドライバーも来日。サインや写真など、マークと同様に快く応じファンサービス。日本での『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を盛り上げる来日のはじまりとなった。



この日もレッドカーペットに登場したマーク、アダムともに丁寧なファンサービスで神対応っぷりを発揮し招待された観客も大興奮し熱狂させた。



壇上に上がるとライアン監督は「この映画はスターウォーズファンが作った映画です!早く観たいとワクワクしてくれて、スターウォーズファンがここに集まってくれていることが最高に感激しています!」と喜びを露わにした。


会場のファンを前に上機嫌なマークからは「コンバンハ、ジャパン!」と日本語であいさつし、「高校時代に日本で過ごし、2年ほど横須賀に住んでいました。自分にとって日本は特別な場所で第2の故郷です。」と日本へは特別な思い入れがあるという。


そして日本のファンはどこの国よりも熱心に支えてくれるとマークも笑顔をみせ、「みなさん、一人一人のもとにフォースがありますように!」と、ファンへの感謝の言葉を送り、「横須賀に住んでいた頃に日本語が流暢に話すことができれば日本で俳優になっていたかもね」とコメントした。


一方、アダムは「日本でカラオケをしたいです。でも日本の歌は知らないので、歌を教えて欲しい」と話し、ニッコリ。日本でのカラオケは何を歌うのか気になるところだ。


本作についてはまだまだ言えないことばかりで、あと、9日ほどで衝撃のストーリーが公開されるので楽しみにしていて欲しいとファンの期待を高めた。





イベントの最後には会場のファンとともにマークの「衝撃のスターウォーズ!!!」と声を揃え締めくくった。

引き続き7日に行われる記者会見レポートとフォトギャラリーを追加します。
(編集部)



『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後を描く、誰も観たことのない衝撃の「スター・ウォーズ」。ついにフォースを覚醒させたレイと、ダース・ベイダーを継ごうとするカイロ・レン。伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの出現は何をもたらすのか?そして、“光”と“闇”の間で揺れ動く二人を待ち受ける“衝撃の運命”とは?



監督・脚本:ライアン・ジョンソン 配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン


12月15日(金) 全国公開!