『東映 presents HKT48×48人の映画監督たち』特別先行上映会舞台挨拶




博多発の人気アイドルグループ『HKT48』が48人の監督とタッグを組みメンバーひとりひとりを主役に撮り下ろした短編映画『東映 presents HKT48×48人の映画監督たち』の特別先行上映会が行われ、HKTメンバーと監督が舞台挨拶に登壇した。




2017.12.15


登壇者

清水崇、横浜聡子、池田千尋

HKT48メンバー

宮脇咲良、兒玉遥、松岡はな


会場:新宿バルト9





『東映 presents HKT48×48人の映画監督たち』とは、48人の監督がHKTメンバー48人ひとりひとりのために撮り下ろした全48作品で構成され、実写版「銀魂」など話題作を次々に生み出している福田雄一やジャパニーズホラーの代名詞とも言える「呪怨」を手掛けた清水崇など有名監督から新進気鋭の監督、さらに他ジャンルで活躍するクリエーター等、48人の監督によって企画・撮影された作品。


ジャンルもラブストーリー、青春ドラマをはじめ、コメディ、ヒューマンドラマ、ホラー、サスペンス、ファンタジーなど様々。12月27日にリリースされるHKT48の1stアルバム『092』というタイトルは福岡の市外局番からきており、結成から6周年を迎えたHKT48にぴったりのタイトルだろう。


また特典映像を収録したこのアルバムは、A、B、C、Dと4タイプあり、その総収録時間は11時間41分という大ボリューム。



『見えない棘』

宮脇咲良x清水崇監督

清水:スターウォーズが公開の日にこっちへ来てくれてありがとうございます!


宮脇:いよいよ私の作品がみなさんの目に映るということで緊張してます。



『トチカコッケ』

兒玉遥x横浜聡子監督

横浜:トチカコッケという変わったタイトルの作品を兒玉さんと作りました。


兒玉:演じる中で日本語ではなくこの世に存在しない言葉をしゃべるという不思議な役です。



『遠ざかって、消えていくもの』

松岡はなx池田千尋監督

池田:『遠ざかって、消えていくもの』というタイトルなんですけど、松岡はなちゃんにはじめて会った時にもの凄くキラキラして真っ直ぐな子だなと凄く感じて、それをこの映画の遠ざかって、いつか消えちゃう、はなちゃんをここに閉じ込めたいという思いで撮りました。


松岡:慣れない演技で緊張したんですけど、いつもと違ったはなが見れると思います。


と、タッグを組んだそれぞれがあいさつした。



清水監督、宮脇のタッグはホラーサスペンス作品。宮脇は「本当に緊張してて、あと人見知りなので」と撮影を振り返ると、清水監督は「周りもはじめての俳優さんばかりで芝居も上手だったので、緊張と人見知りなのが伝わって来ましたよ。」と、フォロー。


そんな宮脇のために清水はユーモアたっぷりで撮影現場を明るくしてくれたことで、宮脇も「撮影2日目ぐらいから馴染めたかなと思ったら撮影が終わりました」と、緊張がほぐれかけた時に撮影が終わってしまい、心が開きはじめたところだったと悔しげだった。




また先日放送されたFNS歌謡祭で『サザエさん』を歌たった時にカツオに扮した宮脇。これを見ていた清水監督は「僕の中では彼女はカツオくんなんです。FNSってタイトルでカツオくんをやってもらいたい。たまたま見ちゃった(笑)」と、客席を大いに沸かせ、宮脇も「恥ずかしい」と大照れだった。


作品では耳が聴こえない役の宮脇は「音に反応してはいけないのが難しくて、自分をいかに騙せるか葛藤だったので演技をすることがこんなに難しくことと改めて気づかされました。」と、感慨深げだった。


清水監督からは「ちょっと複雑なので何度か見て欲しい」とアピール。



『トチカコッケ』について、横浜監督は「可愛い女の子を主人公にした映画を撮ったことがなかったので、まず、どうしようかと思って…」と、悩んだことを明かすと「アイドルで輝いてる兒玉さんではない兒玉さんにしようと思って民族衣装や日焼けしてもらったりしました。」と新たな試みができたようだ。


主演の兒玉からは「最初は化粧とか衣装とか抵抗があったんですけど、時間が経つにつれ、民族衣装もありだなと思って、楽しむことができた」と笑顔をみせた。



『遠ざかって、消えていくもの』について、松岡と池田監督は「楽しかったですよね!」と声を揃えるほど。松岡は「子役の子が凄く可愛くて、みんなで可愛いって言ってて、あっという間の時間でした。」と楽しく撮影を終えることができたとニッコリ。


また役作りについて「お姉ちゃん役だったので、どうしようかと思ったんですけど、小さい子が好きなので」と振り返り、リハーサルを兼ねて、みんなでファミレスで食事をしたことで家族のようになり、撮影ができたとことに満足しているようだった。

(編集部)



左から兒玉遥、宮脇咲良、松岡はな

【アルバム概要】

2013年のメジャーデビューシングル「スキ!スキ!スキップ!」から最新シングル「キスは待つしかないのでしょうか?」までの10作のシングル表題曲を含む、まさにベスト的な内容とも呼べるオリジナル1stアルバム。

TYPE-A  UPCH-20469  (,980+ tax) 

TYPE-B  UPCH-20470  (,980+ tax) 

TYPE-C  UPCH-20471  (,980+ tax) 

TYPE-D  UPCH-20472  (,980+ tax)

収録曲数未定(全タイプにシングル表題曲10曲を収録)

4タイプとも2CD+2DVD

DVDには特典映像『東映 presents HKT48×48人の映画監督たち』を収録



HKT48 1stアルバム『092』2017年12月27日(水)リリース