映画『ボーダーライン』初日舞台挨拶





『ガチバン』『闇金ドッグス』シリーズを同じ世界観でそれぞれのアウトローを描いてきたこのシリーズ。新たに「AMG・アウトロームービー・ユニバース」と命名し、新シリーズ第3弾としてバイオレンスカーアクション映画『ボーダーライン』が12月16日に公開初日を迎え、同日、東京・シネマート新宿にてキャスト・スタッフによる舞台挨拶が行れた。




舞台挨拶には主演の藤田玲をはじめ荒井敦史、西川俊介が登壇。ワルかっこいい!イケメン×アウトロー俳優たちが集結!これまでのアウトローシリーズとは違い日米の名車“2012 TOYOTA86(D2仕様)”、“HONDA  2000”、“1973シボレー・コルベット スティングレイ”、“1968フォード マスタングなどが本編に登場するなど、派手なカーアクションも見どころとなっている。


主演の藤田は「プレッシャーを感じてましたけど、現場に入って素晴らしい諸先輩方がいて、みんな自分の役に完璧に徹していらしたり現場で主演だからとかあまり考えずに身を委ねて、みんなで作れたと感じました。」と、振り返り、公開初日を迎え感慨深い様子。





また撮影での苦労したことを尋ねると、


藤田は「ずっと革ジャンで夏の撮影だったのでとにかく暑かったことと、車好きな役なので、いろいろなパーツの名前が、セリフに入っててたりだったので、自前の携帯扇風機にセリフにある部品の名前を付けて呼んでて、自然と部品の名前が出て来るようにした」と、暑さと部品の名前の戦いだったという。


今回、荒井は『ガチバン』でも演じている紅井レオ役。同じ役で違う作品からの出演に「いろんなことで一気に嬉しさが来て、『夏が来た!』という感覚と同じでした。顔にトライバルタトゥーがあるので現場に入る時間も朝4時とか早いので『早え!』と思いながらこの感じが現場に戻って来たなという、帰って来れる場所があって嬉しかった。『僕を抱きしめてくれてありがとう!』」と別作品からの参加復活に喜びを語った。


一方、新たに参加となった西川は「敦史さんとは共演したことがあって、『俊介!』って感じで迎えてくれて、藤田さんははじめましてで、食事休憩や撮影の合間になどで距離を縮めてくれました」と、藤田との初共演も楽しめた様子。


藤田からも「すごく可愛らしいキャラクターで、役の弟分的なことを考えなくても接し易かったです」と好印象。


また西川に演じてみた感想を訊くと。「車は好きで、本当にキャデラックに乗りたい時期もあり、すんなり役に入れたと思います。」と楽しくやれたようだ。そして撮影現場は和気あいあいだったと藤田。


また本作の主題歌「BORDERLINE -Aside- 」DUSTZ(DOLCE STAR RECORD )は藤田がボーカルを務めるバンドが参加するなど新たな作品として産声を上げた。


また、この舞台挨拶には共演の螢雪次朗、甲本雅裕、渡辺武監督も登壇した。

(編集部)





【ストーリー】

自動車整備工場で働く我妻アベル(藤田玲)は、年少上がりの不良だったが、今は好きな車の仕事をして、まじめに普通の生 活を送っている。しかし、工場が閉った深夜、ナンバープレートを付け替えた修理中の客の車で怪しげなクーラーボックスの運び屋をしている。依頼主である遠藤(甲本雅裕)とは、昔アベルが喧嘩している最中、止めに入った遠藤に一発でのされた事がきっかけで仲良くなった。それ以来、深いことは詮索せず、頼まれた運びの仕事をこなしている。ある夜、ヤクザ数人からボコられている男が突然アベルの車に乗り込んできた。なんとその男はかつての悪友で幼馴染の紅井レオ(荒井敦史)だった。 顔面に派手なトライバルタトゥーが入ったレオは、偶然の再会を喜ぶが、なんだかキナ臭い。レオは、ヤクザの大きな資金源であるオレオレ詐欺組織の一員だったが、組織を裏切り、ヤクザの広澤(遠藤要)から追われていると。この出会いで、アベルの 運命の歯車が、最悪な事態へと向かっていくのであった。




出演:藤田玲

荒井敦史 副島淳 西川俊介 遠藤要 螢雪次朗 甲本雅裕

監督:渡辺武

脚本:池谷雅夫

主題歌「BORDERLINE -Aside- 」DUSTZ(DOLCE STAR ECORD)

企画・配給:AMGエンタテインメント

製作:「ボーダーライン」製作委員会(AMG エンタテインメント/JVC ケンウッド・ビクターエンタテインメント)

 (C)2017「ボーダーライン」製作委員会



シネマート新宿ほか公開中!