映画『不能犯』公開直前イベント








2月1日の公開を直前に控え、映画『不能犯』の公開直前イベントが、東京・スペースFS汐留にて行われ、主演の松坂桃李、沢尻エリカが出席した。


本作は、「ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ-」などでも知られる神崎裕也が作画、原作を宮月新が担当し、「グランドジャンプ」で連載中の同名漫画が原作。


絶対に立証不可能な方法でターゲットを殺す主人公・宇相吹正(うそぶきただし)役を松坂桃李、宇相吹が唯一コントロールできない、正義感溢れる女刑事の多田友子役を沢尻エリカが演じている。俳優・松坂桃李が初めてのダークヒーローを演じることでも話題の立証不可能犯罪を描くスリラー・エンターテインメント作品。



イベントでは、松坂が演じる主人公・宇相吹正(うそぶきただし)が“マインドコントロール”を利用して人を死に導くキャラクターであることに絡めて、人の心を操るスペシャリスト・DaiGoが登場。松坂と沢尻の心を読み解くべく心理戦を挑んだ。




沢尻は本作を鑑賞して「怖っ!グロい!そういうのが苦手な人はどうするんだろう…」と、心配の声を上げたものの、沢尻自身は、ホラーや怖いのが大好きというと、松坂は「ホラー映画とかNGなんで!」と怖いのが苦手との告白に客席の笑いを誘う場面も。






登壇したDaiGoに本作について訊くと「日常的に使っている言葉が出てくるので共感しました。」といい、「“愚かだね人間は” という宇相吹が発する象徴的な台詞がありますが、僕は一日に三回は使います」と、宇相吹と共通点が多かったという。また映画のように簡単にマインドコントロールできたら…「羨ましい!」との感想。


そして松坂、沢尻の心を見抜くべく、DaiGoが挑むことに。これに対し、松坂は「わかりやすいので簡単です。」、沢尻も「私もわかりやすいんので」といい、DaiGoは「見抜かれないと言う人ほど簡単で、わかりやすいという人ほど難しい」という。


沢尻は「気分とかすぐ顔に出ちゃうから…わかるでしょ?」と、過去の出来事を自虐するかのような発言に松坂からは「リアクションに困るから」と、笑いを誘い客席を沸かせる中で、心理戦がスタート!用意された8色のマジックから、 DaiGoの指示により、マジックを一本選択し何色か的中させるというもの。



緑のマジックを選択…
選択したマジックの色を的中され、2人も驚きとともに笑ってしまうほど。


先に松坂が挑戦すると見事的中! 次に沢尻も挑戦し、緑のマジックを選んだ2人とも的中させ、DaiGoに見事に心を見抜かれた松坂も沢尻も驚きの表情みせ、会場を大いに沸かせた驚かせていた。


松坂と同じく緑のマジックを選択した沢尻も…!



イベント中のコメントや声のトーンなど、細かに観察することで導き出すことができるというメンタリズムに見事に見抜かれた2人。松坂「ゾクッとした!」と声をあげ、沢尻も「凄い!面白い!」と大盛り上がり!映画がさながらの心理戦を体験し、圧倒された松坂は、本作について「このようなゾクッとくる作品がどういう風に受け入れられるんだろうか?お客さんがどう受け止めてくれるのか?」と、反応が楽しみとアピールし、舞台挨拶を終えた。

(編集部)






【不能犯】とは─ 〈呪い〉や〈マインドコントロール〉で殺すなど、目的は犯罪だが、常識的に考えて実現が不可能な行為のこと。



【あらすじ】

都会のど真ん中で、次々と起きる変死事件。現場では、必ず黒いスーツの男が目撃される。男の名は宇相吹正(松坂桃李)。電話ボックスに殺 人依頼を残すと、願いを叶えてくれる男だ。ただし、依頼人の殺意が純粋でないと、恐ろしい事態を招くという。さらに、宇相吹は全てのターゲットを、一瞬の迷いもなく確実に殺すのだが、その死因は病死や自殺、事故に見えるため、絶対に捕まることはない。そう、彼は〈不能犯〉なのだ。「必ず宇相吹を止める」と熱い正義に燃える多田友子刑事(沢尻エリカ)と部下の百々瀬(新田真剣佑)。捜査の過程で、多田だけが唯一、宇相吹が支配することが出来ない相手だと判明する―。やがて日本中を震撼させた連続爆破事件と宇相吹の事件が繋がり、壮大な事件へと発展していく―。果たして多田は宇相吹を止められるのか?そして 宇相吹の真の目的とは―?





出演:松坂桃李 沢尻エリカ

新田真剣佑 間宮祥太朗 テット・ワダ 菅谷哲也 岡崎紗絵 真野恵里菜 忍成修吾

水上剣星 水上京香 今野浩喜 堀田茜 芦名星 矢田亜希子 安田顕 小林稔侍

原作:『不能犯』(集英社「グランドジャンプ」連載 原作:宮月新/画:神崎裕也)

監督:白石晃士 

脚本:山岡潤平、白石晃士

配給:ショウゲート

©宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会



2月1日(木)、全国ロードショー!