映画『チェリーボーイズ』プレミア上映会






2月2日、都内にて映画『チェリーボーイズ』のプレミア上映会が行われ、舞台挨拶にキャスト、監督らが出席。その中でもヒロインを演じたモデルで女優の池田エライザが、出演オファーのことやどこか憎めないチェリーボーイズ(林遣都、栁俊太郎 前野朋哉)たちについて語った。



本作は、童貞マンガの金字塔として高い人気を得ている古泉智浩の同名コミックを実写映画化。とある地方都市で仕事も恋愛も上手くいかず、何事にも中途半端な(林遣都、栁俊太郎、前野朋哉)3人組が、脱童貞大作戦を計画する。揃いも揃って25歳の童貞で、寝ても覚めても考えることは女性とSEXのことばかり考えている3人が自分を変えるために奮起する。



人気急上昇中の池田エライザ。この脱童貞大作戦のターゲットにされる釈笛子役のオファーに「先に脚本を事務所が見て、意見を聞きたいと言われたので脚本を読んで、『そういうことかと』と納得しました。」といい、下世話な噂が絶えない大胆キャラで、過激なシーンにもあることを知り、池田は「悩める男子たちの青春の1ページに参加できて楽しかったです。母性全開でお届けしています。」と出演決定にコメントを寄せていた。


そして池田からは「正解かわからないところに男が向かっていって、間違っているんだけどと思いながらも、その姿が羨ましくて、母性みたいなものが沸いてきて、また私がすることによって女性も楽しめる笛子を作っていけたらいいなという意欲も沸いてきたので、これは私がやって面白くなるといいなという思いで、参加させていただきました」と出演を決めたという。



林らが演じる童貞3人組に対し母性を感じたことも明かし、今度は「女子の意見が聞きたいので、女子だけで観てトークするイベントをやりたいですね。」と熱望。そんな池田も西海監督の童貞!連発のトークにタジタジになっていた。

(編集部)






出演:林遣都 栁俊太郎 前野朋哉 池田エライザ / 石垣佑磨 岡山天音 般若 山谷花純 松本メイ 岸明日香 馬場良馬 吹越満 立石涼子

監督:西海謙一郎

脚本:松居大悟(アフロ田中 アズミ・ハルコは行方不明)

原作:古泉智浩『チェリーボーイズ』(青林工藝舎刊)

主題歌:「GO! GO! Cherry Boy!」MANNISH BOYS(スピードスターレコーズ)

製作:東映ビデオ/マイケルギオン

配給・宣伝:アークエンタテインメント



2月17日(土)よりシネ・リーブル池袋、渋谷TOEIほか全国ロードショー!