映画『ボス・ベイビー』日本語吹替え版完成報告会見






『怪盗グルー』シリーズ、『ペット』『SING/シング』と日本でも大ヒット作品を送り出したユニバーサル・スタジオと、『シュレック』などの大ヒット作を手掛けたドリームワークス・アニメーションが初タッグ!その第1弾として、黒いスーツに白いシャツ、ネクタイをビシッと締め、チャキチャキと歩く赤ちゃん、『ボス・ベイビー』を誕生させた。



2月7日、都内にて映画『ボス・ベイビー』日本語吹替え版完成報告会見が行われ、会見には日本語吹替えキャストたちが出席。主人公のボス・ベイビー役のムロツヨシ、ティム役の芳根京子に加え、ボス・ベイビーとティムの両親で、ママ役のタレントの乙葉、パパ役のお笑いコンビNON STYLEの石田明と個性豊かなテンプルトン・ファミリーが揃い、この両親が務める会社のCEO、フランシス・フランシス役の声優の山寺宏一らが登壇した。



本作は両親と三人で幸せに暮らす7歳のティムの元に弟としてやってきた彼(ボス・ベイビー)は、見た目は頬ずりしたくなるキュートな赤ちゃん、中身は人使いが荒く口の悪いおっさん…というボス・ベイビーと、その秘密を知ったティムが巻き起こす騒動をコミカルに描く。




吹替え声優初挑戦で主人公・ボス・ベイビー役のムロは「映画の主演とかはまだないのですが、こういった形で声優をやらせていただき嬉しいです。」とあいさつ。またムロと同じく初挑戦の芳根は「はじめての声優に緊張したんですけど、本当に楽しく収録させていただきました。」と笑顔であいさつした。


この声優初挑戦の感想を訊くと、「はじめての絡みのシーンを山寺さんの吹替えを聴きながらやって、『こんなにも違うものなのか』もう吹替えじゃない」と驚かされたといい、山寺は役そのもので、自分のは、ただの吹替えと違いをみせつけられ、吹替えを経験してその凄さを痛感したという。


またムロはアフレコ収録で、セリフにアドリブが入ることがあり、「ムロさんすぐ足すから、もう口動いてないですよ」と、スタッフに注意されることが多かったと明かすと、山寺から「それはもう最初からベテランの域ですよ!僕はそこまでいけません」と、褒められ、ムロも「いい勉強をさせていただきました。」と恐縮していた。


はじめての吹替えに挑戦したムロと芳根の2人は過去にドラマで演劇部の顧問と生徒役で共演しており、今度は兄弟の関係で、兄のティムについて、ムロは芳根の吹替えに「少年の子供の役なんですが、すごく役にあっていて、やっぱり芳根京子はまだ伸びるなと思いましたね!感服しました!」と褒めたたえた。



芳根も「ムロさんと、共演して本当に嬉しくてほっとしたんですけど、兄弟役で私がお兄ちゃんをやるとは思ってなかったので、ムロさんの声を聴きながら吹替えしたので、楽しくて、途中で笑ってしまったり、何回もしたので完成が楽しみでした。」と微笑んだ。


さらに山寺からは「素晴らしかったです!ムロさん日本一面白い俳優ですよ!何やっても上手いし面白いんだから、悔しいぐらいでした!」とムロを絶賛し、「アドリブで好き勝手やって、ムロさんのセリフに合わせて映像を作って欲しかったくらい!舞台版ボス・ベイビーがあったら、ちょっとメイクしてそのままできそう。自分のものになさっていて、さすがだなと思いました」と、べた褒めされ、ムロもニンマリと笑顔をみせ喜びを露わにしていた。

(編集部)






 【ストーリー】

パパとママ、7 歳のティムの 3 人家族の元にやってきたのは、黒いスーツに白いシャツ、ネクタイをビシッと締め、チャキチャキと歩く赤ちゃん“ボス・ベイビー”。弟として迎えいれられた彼は普通じゃない。見た目は赤ちゃん、中身はおっさんだったのだ!!


 監督:トム・マクグラス 『マダガスカル』シリーズ

 キャスト:アレック・ボールドウィン、マイルズ・バクシ、ジミー・キンメル、リサ・クドロー、スティーブ・ブシェミほか


日本語吹替えキャスト

ムロツヨシ、芳根京子、乙葉、石田明(NON STYLE)、宮野真守、山寺宏一ほか

配給:東宝東和

(C)2017 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.


3月21日(水・祝)全国公開