映画『グレイテスト・ショーマン』来日スペシャルイベント






『レ・ミゼラブル』での熱唱で世界に感動を与えたヒュー・ジャックマンが、『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞を受賞した音楽チームとタッグを組んだ、ミュージカル・エンタテイメント作品『グレイテスト・ショーマン』が 、2月16日に日本公開となる。



公開に先駆け、2月13日、2017年、『LOGAN/ローガン』のプロモーション以来、約9ヶ月ぶりの来日となるヒュー・ジャックマンと本作の主題歌『This Is Me』を歌い、髭女という印象的なキャラクターを演じたキアラ・セトルが来日。東京・歌舞伎町シネシティ広場にて行われた来日スペシャルイベントに出席した。



19世紀半ばのアメリカでショービジネスの原点を築いた伝説の興行師 P.T.バーナム。妻への一途な愛を糧に夢を追いかけた彼は、差別や偏見の中 で立ち尽くしていたエンタテイナーたちにスターになれる場所を提供し、ショーを創造するバーナム一座の座長をヒュー・ジャックマンが演じる。


キアラ・セトルはブロードウェイ・ミュージカルで活躍をする実力派女優。その歌声にヒュー・ジャックマンは「彼女の歌声は、素晴らしすぎる!他の人が歌えるとは到底思えない」と惚れ込み、絶賛のコメント寄せていた。本作ではバーナム一座で人気を博すパフォーマーで、ショーの中でスポットを浴び「This Is Me」(これが私!)と主張できる自分を獲得していくレティを演じている。



さらに、このスペシャルイベントでは、アカデミー賞<主題歌賞>にノミネートされ、ゴールデングローブ賞<主題歌賞>を受賞した『This Is Me』を、キアラ・セトルがこのイベントのために特別パフォーマンスで披露!ダンサーと、ともに「差別や偏見に負けないありのままの自分でいたい」という想いを歌詞に込め、その歌声を会場に響かせ熱唱!観客の心を暖め魅了した。


イベントも終盤。寒空の下、会場となった歌舞伎町シネシティ広場にはレッドカーペットが敷かれ、招待されたファンで溢れる中に登場したヒュー。大歓声で迎えられると笑顔をみせ、寒い中で待っているファンのところへ行き、多くのファンにサインや写真など快く応じ、時間の許す限りのファンサービスを行う神対応っぷりにファンも歓喜の声を上げ大興奮となっていた。

(編集部)






【ストーリー】

19世紀半ばのアメリカ。幼なじみの妻チャリティ(ミシェル・ウィリアムズ)を幸せにすることを願い、挑戦と失敗を繰り返してきたP.T.バーナム(ヒュー・ジャックマン)は、オンリーワンの個性を持つ人々を集めたショーをヒットさせ、成功をつかむ。

しかしバーナムの型破りなショーには根強い反対派もいた。裕福になっても社会に認めてもらえない状況に頭を悩ませるバーナムだったが、若き相棒フィリップ(ザック・エフロン)の協力により、イギリスのヴィクトリア女王に謁見するチャンスを手にする。

レティ(キアラ・セトル)たちパフォーマーを連れて女王に謁見したバーナムは、そこで美貌のオペラ歌手ジェニー・リンド(レベッカ・ファーガソン)と出会う。 彼女のアメリカ公演を成功させれば、一流のプロモーターとして世間から一目置かれる存在になれる。そう考えたバーナムは、ジェニーのアメリカ・ツアーに全精力を注ぎ込むと決め、フィリップに団長の座を譲る。

そのフィリップは、一座の花形アン(ゼンデイヤ)との障害の多い恋に悩みながらも、ショーを成功させようと懸命に取り組んだ。 しかし、彼らの行く手には、これまで築き上げてきたものすべてを失いかねない危険が待ち受けていた。





監督:マイケル・グレイシー

出演:ヒュー・ジャックマン、ザック・エフロン、ミシェル・ウィリアムズ、レベッカ・ファーガソン、ゼンデイヤ、キアラ・セトル 

配給:20世紀FOX映画

 © 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation


2月16日(金) 全国ロードショー!