映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』初日舞台挨拶






今から5年前。P.A.WORKSで脚本を担当した作品のイベントがあり、その楽屋で堀川社長に「岡田さんの100%をさらけだした作品を、いつか見てみたい」という発言からはじまり、監督・脚本 岡田麿里100%の物語『さよならの朝に約束の花をかざろう』が公開初日を迎え、2月24日、東京・新宿バルト9にて舞台挨拶が行われた。


この舞台挨拶には主人公マキアを演じる石見舞菜香、マキアが助けた人間の子供エリアル役の入野自由、マキアの友達で同族のクリム役の梶裕貴、監督・脚本の岡田麿里、堀川憲司(プロデューサー/P.A.WORKS社長)、主題歌『ウィアートル』を唄うrionos(リオノス)らが登壇した。





 一人の作家が抱える世界観が、作品の隅々まで浸透している作品をアニメーションで作ってみたい。包み隠すところのない岡田麿里100%の物語のエンターテインメント作品。

この要望から「作りたい作品があります。監督をやらせてくれませんか」と、岡田自身の覚悟が伺え、劇場作品として岡田麿里初監督作品『さよならの朝に約束の花をかざろう』がスタートを切った。



公開初日を迎え、岡田監督は「企画がはじまって5年。なかなか企画が通らず、そして制作をはじめて3年と、皆さんに観ていただく日のために頑張ってきたので嬉しいという気持ちと緊張という気持ちでいっぱいです。」と心境を語った。


デビューして間もないながら主人公マキアを演じた石見は「はじめて劇場版への出演で不安があったのですが、台本をいただいた時から早く全国の方に観ていただきたいと思っていたので初日を迎えられて、とても幸せな気持ちです。」と笑顔で喜びを語りながらも、多くの観客前に「緊張してます」と声を震わせていた。


そんな緊張した石見を見て入野から「昨日は夜9時ぐらいには布団に入って寝ようとしたのに寝れなかったんだよね。結局、寝たの1時とか2時で寝れな過ぎてね」と明かされ、さらに緊張の様子をみせるとMCから「そのまま緊張していてください」と言われ会場の笑いを誘っていた。




入野からも「素直に嬉しいです。完成を楽しみにしてましたし、岡田監督(脚本)とは『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』で、ご一緒して、またいつか作品に関われたらと思っていた時に、こんなに素敵な作品で、しかも監督ということなので、参加できて嬉しい気持ちでいっぱいです。」と喜びのコメント。

 

また台本をもらって読んだらものすごく感動したといい、思わず岡田監督にメールして「これ絶対に素敵な作品になりますね」と伝えたほどといい、この作品に参加できて嬉しい気持ちでいっぱいだったという。ただ残念なことに岡田監督はこのメールは覚えてないといわれ、思わず苦笑い。

 

 

梶も岡田作品に多く関わってきて、「その作品が役者として楽しいものばかりで、今回、岡田さんが初監督作品ということで僕も何か関われたら嬉しい。感謝の意味を込めて何かお手伝いできればという気持ちの中、クリムという素敵な役をやらさせてもらう機会をいただき嬉しかったです。」と、再び岡田作品への参加に、「一視聴者、一ファンとして素敵な作品と感じました。」と喜びを語っていた。


さらに「まだ絵のないプレスコという状態からみんなが感情移入してキャラクターの気持ちになったり物語の展開であったり、胸を刺されるような思いで心重ねながら、みんな涙をこぼしながら収録をしたのを覚えているので、その時の感動を多くの方に劇場でご覧いただいているのが嬉しいです。」と感無量のことばを綴っていた。



本作は石見にとっても「2016年の台本の読み合わせ時は事務所に入ったばかりで、現場に立つ経験がなくて、その状態で不安でいっぱいで、入野さんをはじめ尊敬する先輩たちに支えてもらい、マキアと向き合っていけたと思います。」と感謝の言葉を送った。

(編集部)




【ストーリー】

10代半ばで外見の成長が止まり数百年の寿命を持つ彼らは、“別れの一族”と呼ばれ、生ける伝説とされていた。

両親のいないイオルフの少女マキアは、仲間に囲まれた穏やかな日々を過ごしながらも、どこかで“ひとりぼっち”を感じていた。

そんな彼らの日々は、一瞬で崩れ去る。イオルフの長寿の血を求め、レナトと呼ばれる古の獣に跨りメザーテ軍が攻め込んできたのだ。絶望と混乱の中、イオルフ一番の美女レイリアはメザーテに連れさられ、マキアが密かに想いを寄せる少年クリムは行方不明に。マキアはなんとか逃げ出したが、仲間も帰る場所も失ってしまう……。

虚ろな心で暗い森をさまようマキア。そこで呼び寄せられるように出会ったのは、親を亡くしたばかりの“ひとりぼっち”の赤ん坊だった。

少年へと成長していくエリアル。時が経っても少女のままのマキア。同じ季節に、異なる時の流れ。変化する時代の中で、色合いを変えていく二人の絆――。

ひとりぼっちがひとりぼっちと出会い紡ぎ出される、かけがえのない時間の物語。



キャスト

マキア/石見舞菜香 エリアル/入野自由 レイリア/茅野愛衣 クリム/梶裕貴

ラシーヌ/沢城みゆき ラング/細谷佳正 ミド/佐藤利奈 ディタ/日笠陽子 メドメル/久野美咲 イゾル/杉田智和 バロウ/平田広明


監督・脚本:岡田麿里

『心が叫びたがってるんだ。』、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』、『花咲くいろは』

アニメーション制作:P.A.WORKS

製作:バンダイビジュアル/博報堂DYミュージック&ピクチャーズ/ランティス/P.A.WORKS/Cygames

配給:ショウゲート


主題歌:rionos(リオノス)「ウィアートル」(ランティス)作詞:riya 作曲・編曲:rionos



大ヒット公開中!