新ドラマ番組『ヘッドハンター』発表記者会見






2月26日、テレビ東京が4月から新たにスタートする新ドラマ『ヘッドハンター』の発表記者会見がテレビ東京本社にて行われ、主演の江口洋介、小池栄子、杉本哲太登らが会見に出席した。同番組は、月曜の夜10時に新たなドラマ枠『ドラマBiz』としてスタートする。同時間帯で放送中の『カンブリア宮殿』は水曜の夜10時へと移動となる。



このドラマについて江口は「新しい枠ということで、働く大人の為の経済ドラマといいながらも新しい試みで『好きにやってください!』」と社長に言われているといい、「縛りの多い中で『本当にですか?』と…いままでにないドラマになると思いますので楽しみにしてます。」と意気込みをみせた。


江口が演じるのはサーチ会社「SAGASU」ヘッドハンター兼、社長。『どんな依頼も断らない』、『ヘッドハントを生かすか殺すかは本人次第』、 『ヘッドハントした相手は、最後まで面倒をみる』が信条のヘッドハンター界の異端児といわれる黒澤和樹役。


続いて、小池は「新しい枠、生まれたてのものに携われるの光栄でで嬉しいです。社長から『僕が全部責任取りますので好きにやってください』と心強い言葉をいただいて、何が成功で失敗なのか分かりませんが、小さくまとまることなく思いっきり面白いことを実験的に芝居でやってみたいと思います。」と、笑顔をみせた。


小池は、業界最大手の転職斡旋会社の老舗『ブリッジ』のシニアバイスを務めるやり手女性の赤城響子役。江口演じる黒澤のライバル的な存在を演じている。


また杉本からも「面白いものを作って行きたい」といい、杉本演じる灰谷哲也は、江口演じる黒澤のサーチ会社「SAGASU」の総務・経理担当。黒澤社長をサポートする存在だが、業界紙記者や怪しげなブローカーとも顔馴染みで、あらゆる会社の裏情報に精通しているという。



このドラマのオファーをもらい江口は「テレビ東京にはいろいろありますが経済番組という枠にとても力を入れていて、ある種、報道要素も強い局と思うんですけど、その中にスタッフと話をしていると実はドラマに非常に興味があると、話をいくつかもらってて、今回、良いタイミングでやれることになりました。」と出演への経緯を語った。


また江口はテレビ東京のドラマには初出演、初主演。「経済ドラマといいながらも堅いその中でも見やすいとっつきやすいドラマとして観れるエンターテイメントを目指しているといい、そこはこれから揉んでキャラクター作りを楽しんでやりたいです。」と、新たなドラマに期待を込めた。



このドラマの脚本を務めるのはドラマ『コード・ブルー』、『BOSS』、『離婚弁護士』、『医龍』、『ハゲタカ』など手掛けてきた林宏司。メガホンを取るのは星護が務める。

(編集部)





あらすじ

ヘッドハンターとは、企業の要望に応え、必要な人材の転職を斡旋する者をいう。この物語はヘッドハンターを生業とするひとりの男・黒澤和樹(江口洋介)を通じ、転職にまつわる様々な人間模様を描く新しいヒューマンドラマ。対象者の心の奥深くまで入り込み、選択を迫ってゆく強引なやり方に、ある者は“救われた”といい、ある者は“酷い目にあった”という。はたして黒澤は、人生の転機に現れた救世主か?それとも悪魔か?




ドラマBiz『ヘッドハンター』

2018年4月テレビ東京系列にて、月曜夜10時スタート!