こどもちゃれんじ30周年記念映画

映画しまじろう『まほうのしまの だいぼうけん』完成披露上映会







3月9日に公開迎える、こどもちゃれんじ30周年記念映画しまじろう『まほうのしまの だいぼうけん』の完成披露上映会が、3月7日、東京・TOHOシネマズ 日本橋にて行われ、ゲストに元サッカー女子日本代表の澤穂希が登壇した。


澤といえば、昨年1月に第一子となる女児を出産し、子育て奮闘中のママさん。お子さんが初めて映画館に行く映画・ファーストシネマをコンセプトに上映中に休憩時間があったり、映画の明暗を調整したりとこどもたちへの配慮がされており、より映画を楽しめるようになっている。



最初にしまじろうが登場し、「大きくなったらサッカー選手になりたいんだ!」というと、スペシャルゲストとして澤が登場!客席からも歓声が上がりしまじろうも「すごい!」と飛び跳ねるほど。

「今日はしまじろうくんにプレゼントがあります」と、“SHIMAJIRO”とネーム入りのユニフォームがプレゼントされ、しまじろうも「ありがとうございます!宝物にします!」と大喜び!!

澤に本作の感想を訊くと、「すごく感動して、ちょっとうるうるしてしまいました。母親になって親の気持ちとこどもの気持ち心理も考えててすごく良かったです。」と絶賛。冒険しに行くしまじろうたちと、一緒に踊ったり歌ったりも楽しかったといい、自分も一緒に冒険してるようだったという。


またこの映画のコンセプト、ファースト・シネマについて澤は「まだ娘と映画館に一緒に行ってないんですけど、一緒に歌ったり踊ったり、途中に休憩もあったりで最初の映画として工夫があって良かったです。」と、はじめての映画にはとても良いと述べた。


澤自身、「迷ったらチャレンジをする!」と考えを持っており、自分の娘もできなかったことが日々できるようになったり、日々成長してることを実感しているといい、一瞬、一瞬、見逃せないと、ママ1年生を楽しんでいると語っていた。


映画ではしまじろうたちが冒険を通じて成長する姿が描かれていることから、娘さんにはどんな風に育って欲しいか尋ねると、澤は「やりたいことや好きになるものを一緒に探してあげて、それが見つかったら全力でサポートしてあげたいです。

娘がサッカーをやりたいと言えばやってほしいですし、違うスポーツでも何でもやりたいことがあったら全力でサポートしてあげたいと思います。」と、子供に寄り添って将来を考えたいと明かした。


舞台挨拶の最後には、しまじろうと、みみりん、とりっぴぃ、にゃっきぃたちも加わり、抽選で選ばれたこどもたちとダンスを披露し、客席のこどもたちも一緒に声を出して楽しめる舞台挨拶となった。

(編集部)





声の出演:南 央美、高橋美紀、山崎たくみ、杉本沙織、稲葉 実、井上喜久子 水瀬いのり、樋渡結依(AKB48)、鎌田菜月(SKE48)、村雲颯香(NGT48) 他 

監督:川又 浩、ヒロ高島

脚本:青木由香

制作:アンサー・スタジオ

原作:ベネッセコーポレーション

配給:東宝映像事業部

製作:ベネッセコーポレーション、テレビせとうち、電通

協賛:J:COM、東京ドームシティ アトラクションズ、トヨタ自動車、日本マクドナルド、ひらかたパーク、森永乳業

協力:ソニー・ミュージックダイレクト (C)Benesse Corporation2018


 2018年3月9日(金)全国ロードショー!