『劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!』初日舞台挨拶





子供から大人までを魅了した円谷プロダクション製作テレビシリーズ『ウルトラマンジード』。その劇場版作品『劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!』が3月10日に全国公開を迎えた。この日、新宿ピカデリーには公開を待ち望んでいた多くのファンも詰め掛け、満席の客席を前に、主人公・朝倉リク(ウルトラマンジード)役の濱田龍臣をはじめ、本仮屋ユイカ、山本千尋、長谷川眞優、小澤雄太、岩田栄慶、潘めぐみ、ペガ、坂本浩一監督らが登壇し舞台挨拶が行われた。



大歓声で迎えられたキャスト陣の中でもシャドー星人・ゼナ役の岩田栄慶もサプライズで登場し客席からは、驚きと声援が起こり、岩田も「はい、どうもー喋っちゃいました!」とあいさつし、客席を沸かせ喜ばせた。岩田は『ウルトラマンジード』では、自身がゼナとして喋ることなく、浅沼晋太郎が吹替えを務めていることから、声を聞く貴重な登壇となった。



濱田をはじめ、キャスト陣、坂本監督、ペガまで登壇すると、突然『ピピピッ!』通信音が鳴り、モア(長谷川)が「すみません!AIBから電話です…もう、こんな時に…」と何かが起こった様子。「はい、愛崎です!えっ、新宿ピカデリーの近くに宇宙人が現れた!?ゼナ 先輩、新宿の近くにピカデリーが現れたようです!」と、何か間違ったモアからの情報に笑いを堪えるゼナ先輩。


「あっ間違えた!宇宙人が現れたようです!」と改めて報告すると、ゼナ役の岩田がここで退場し、会場を盛り上げる演出に笑いを誘った。


公開初日を迎え、鑑賞後の観客の顔を見た濱田は「みなさん、キラッキラの笑顔なんで、すごく嬉しいです!公開されて寂しい部分もあるんですけど、みなさんに喜んでいただければと思います。」とコメントし、喜び笑顔をみせた。


劇場版のゲストキャラ、比嘉愛琉役で出演した本仮屋は「ドンシャインのポーズが印象に残っている」といい、このポーズについて、みんなからドンシャインはもっとキレがいい!もっと早く!とか、沢山教えてもらい頑張れました。」と、このシーンはとても好きなシーンとアピール。


続いて、リクとともに戦う鳥羽ライハ役の山本は「すごく会いたかったジャッキーちゃん様に会えてすごく嬉しいかったんです。『もう会いたかったんです』と言いながらアクションシーンをして、そこのアクションシーンを楽しんだのは、私と坂本監督とジャッキーちゃんさんだけです。」と、坂本監督も「憧れのジャッキーちゃんさんと、一緒に仕事ができて嬉しかった」とともに、そこは見どころとアピールしつつ、山本は笑いを堪えるのに必死だったと、坂本監督が暴露する場面も。さらに伊賀栗レイト役の小澤からも「かの有名なジャッキーちゃんさんに会えたので嬉しかったです!」と続き客席の笑いを誘い大いに沸かせた。


先日行われたペガ考案の応援上映お披露目上映会について、ペガに尋ねると、「えーと、みんながすごく元気いっぱいに応援してくれて嬉しかったです!毎週水曜日に応援上映があるので、小さなお友だちも大きなお友だちも応援上映、すごく楽しいので行ってみてください。」と宣伝すると、ペガの声を担当する潘めぐみが登場。先日行われた応援上映にも参加したといい、「みなさんが、どこから声を出して応援するのかと思ったら、本編が始まる前の【松竹】のロゴで、『松竹さん!ありがとーー!』と、もう圧巻でしたね!みんなにとってそこから本編なんだと思いました。」と、この応援上映も含み、沢山のシーンが印象に残っているという。


またリクとレイトによるダブル変身を披露することになり、小澤は「大丈夫ですか?ゼロさん!」とメガネを外し、「もちろんいいぜ!やってやろうじゃないか」と、レイトとゼロの掛け合いから「行くぜ!リク、行くぜ!レイト!」と、ゼロの気合いのセリフともに「映画館にもブラックホールが吹き荒れるぜ!」、リク「ウルティメイトファイナル!つなぐぜ!願い!!ジード!」とダブル生変身を披露!ウルティメイトファイナル、ウルトラマンゼロが登場し大きな拍手と大歓声に包まれた。



舞台挨拶も終盤、『ウルトラマンジード』チームを代表して、小澤から濱田へ手紙が読み上げられた。


【手紙全文】

朝倉リク、いや濱田龍臣くんへ、はじめて会ったのは、ちょうど1年前の今頃でした。出会った時は16歳の高校生、元気がいっぱいで若さ溢れる青年でした。そんな龍臣くんに僕たちはいつも元気をもらっていました。


タイトな撮影時間の中、ヒーローという大きな責任を背負っていく姿に心配になるとこもありましたが、いろいろなことを思い『負けてたまるか!』と挑んでいく姿は、まさにヒーローそのものでした。成長していくウルトラマンジードとリクは、等身大の濱田龍臣くんだからこそ演じられたのかなと思います。


龍臣くんがいたからみんなで劇場版に辿り着くことができました。本編でゼロさんも言っていましたが、『リク、いや龍臣、ジーッとしてても、ドーにもならねぇ!誰にもできないことをお前はやってのけた誇っていい』ね!ゼロさん!僕たちに夢と希望を本当にありがとう!シリーズ最年少座長、本当にお疲れ様でした。


これからもずっと、僕らみんなのヒーローでいつづけてください。


ーチーム代表 伊賀栗レイト・小澤雄太よりー




もう涙が止まらず、涙をぬぐう濱田。

この手紙を送られ感極まり、目を潤ませながら朗読を聞いていた濱田は号泣し「ずるいですよね。半年間一緒にやらせてもらって、本当にみんなのこと大好きですし、みなさんと出会えてすごく嬉しかったです。」とボロボロ涙を流しながら「すでに泣きそうだったのにこんなの渡されちゃったら泣くじゃないですか」といい、隣にいた山本ももらい泣きするほど。



ウルトラマンシリーズ最年少主演を務めた濱田は「自分と朝倉リク、この作品を愛してもらったということが伝わってきて本当にこの仕事をさせてもらって、自分が憧れていたものになれてすごく嬉しかったです。ありがとうございます。」と感謝の気持ちを述べると、憧れてたヒーローになれたという作品と同じ境遇の中で演じらたことが楽しかったと語り、半年間、出演者・スタッフが一丸となった集大成がこの『劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ!願い!!』に込められていると思っていると濱田。最後に『融合!アイ、ゴー!ヒアウィーゴー!」と掛け声で会場をひとつにし舞台挨拶を締めくくった。


この公開を記念して、新宿ピカデリーのフロアには劇中に登場するギャラクトロンMK2とウルトラマンジードの対決シーンを再現した展示もあるので、鑑賞前や後に記念撮影をしてはどうだろうか。

(編集部)





目覚めよ!最強の遺伝子!!滅亡の瞬間が迫る中、“願い”の力はジードにさらなる進化をもたらす!


知的生命体の住む星々を破壊していく巨大人工頭脳ギルバリスと、ギャラクトロン軍団が地球へと接近。ウルトラマンジード=朝倉リク(濱田龍臣)は、ギルバリスが「赤き鋼」を手に入れるべく地球へとやって来た、とジャグラス ジャグラー(青柳尊哉)から聞き、その手掛かりがあるとされる南洋の楽園・沖縄へ向かった。沖縄で出会ったアイル(本仮屋ユイカ)は、リクがウルトラマンであることを見抜き、重大な使命を託そうとする。

地球を守るために必要以上に気負うリクの前にクレナイ ガイ=ウルトラマンオーブ(石黒英雄)が現れ、先輩として言葉をかけるのだった。

一方、ギャラクトロン軍団が「赤き鋼」を求めて沖縄へ攻撃を開始。ジード、オーブ、そしてウルトラマンゼロも地球へと駆けつけるが、自分の使命にこだわり、焦るジードの行動が、ウルトラマンたちにさらなる危機を招いてしまうのだった。

ウルトラマンジードたちはギルバリスの強大な力を止めることができるのか―――

  

 

出演:濱田龍臣 山本千尋 長谷川眞優 小澤雄太

本仮屋ユイカ 宍戸開 ジャッキーちゃん 青柳尊哉 石黒英雄

(声の出演)

小西克幸 三森すずこ 潘めぐみ 浅沼晋太郎 宮野真守   緑川光 神谷浩史 関智一 入野自由 田中秀幸 池田昌子/西岡德馬

 

監督:坂本浩一

脚本:根元歳三

脚本協力:安達寛高

主題歌「絆∞Infinity」:May J.

制作支援:沖縄県

撮影協力:OCVB OKINAWA

製作:劇場版ウルトラマンジード製作委員会

配給:松竹メディア事業部


大ヒット上映中!