『ガラスの地球を救え!』プロジェクト完成披露試写会




3月14日、一般社団法人日本動画協会が日本のアニメ100周年に際して発足・推進する『ア二メ NEXT_100』プロジェクトと、環境省が地球温暖化対策のための国民運動「COOL CHOICE」とのコラボレーションによって立ち上げられた新プロジェクト『ガラスの地球を救え!』、これは手塚治虫の同名著作より名付けられたもの。アニメ誕生100周年という節目の年に、未来を担う小・中学生を対象に地球温暖化に関する意識啓発のためのアニメーションという表現に着目をし、ほかにはないアニメーション作品が誕生した。このプロジェクトのキックオフイベントとして、都内にて完成披露試写会が開催された。



イベントには「地球との約束」から、主人公・坂口リナ役の本田望結、さらに「私たちの未来」からは主人公・島谷マヒル役の足立梨花が出席。同作にて脇を固める山寺宏一、冨永みーなら、富田望生とともに登壇した。


(私たちの未来』にて樹田先生役の富永はMCを兼任

イベントには「地球との約束」から、主人公・坂口リナ役の本田望結、さらに「私たちの未来」からは主人公・島谷マヒル役の足立梨花が出席。同作にて脇を固める山寺宏一、冨永みーなら、富田望生とともに登壇した。


メインキャストが揃って登壇した「私たちの未来」の主人公・島谷マヒル役を演じた足立は「地球温暖化などワードば聞いていても、何をしていいか分からないという立ち位置で、なんとかしようと立ち上がる女の子です。」といい、作品では「このままでいいのか?と問いかけるシーンもあり、そこも感じ取ってもらえれば」と解説。


自分たちの考える地球温暖化に対して、していることを尋ねると、足立は「地球温暖化対策をするという大きなこで、私がやってもと思っていたんですけど、先日、気がついたことがあったんですけど。冷暖房を最小限にして毛布とか使うことで、『これ、電気代が減るんです!』とアピール。


さらに自然に優しい洗剤を使えばても荒れない、マイボトルに入れて貰えば、割引きしてもらえるとか、地球温暖化のために何かやっていくと自分にも得なことがあるんだなと気づかされました。」といい、「できることからやっていくことが大事と感じ、1人、1人が少しづつやっていけば変わっていくと思った。」と熱弁した。


足立の話を聞いていた山寺は「こんな若い世代が立派なことを言っていますよ。恥ずかしいですよ、これから頑張ります。」と感心しきりだった。


地球温暖化に対して「震災後にまめに電気を消したりしてきたのに、時間が経つと忘れてきてしまう自分に戒めをと、この作品に参加して感じました。」と話し、富永からも『毎日一回思わなければならない、みんなが忘れないように意識を持つ一歩かもしれないですね」と付け加えた。


富田は「ゴミの分別をしっかりしたいと思っているので、ペットボトルのキャップを分けることや資源だったら資源ボックスに入れるとか、家族の中で詳しく調べて分別してます。」と、自分たちの地球温暖化対策をそれぞれが思いを込めて語り、自分たちにできることからやっていくことが大切なことと作品から感じ取ってもらい、何をしていけばいいのか楽しく考えて欲しいとキャスト陣がアピールした。




また、『地球との約束』でアニメ声優初挑戦をした本田は「リナは明るく賢くて、未来を変えようと意識が強い女の子です。いままで学校で環境問題について勉強していたんですけど、改めて作品を通して地球温暖化などを流してはいけないんだなと立ち止まって考えなくてはいけないんだなと思いました。この作品を観てくれた方が少しでも気持ちが伝わればいいなと思いました。」と、作品の思いを伝えたいとアピールした。

(編集部)






『地球との約束』

キャスト:本田望結、田中あいみ、豊口めぐみ、千葉繁 他

監督:西田正義

アニメーション制作:手塚プロダクション

 『私たちの未来』

キャスト:足立梨花、山寺宏一、冨永みーな、富田望生 他

監督:前田薫平

アニメーション制作:

日本アニメーション

製作・著作:環境省

企画・制作:一般社団法人 日本動画協会『ア二メ NEXT_100』