映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』初日舞台挨拶






3月17日、映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』が封切られ、東京・テアトル新宿にて、キャスト・スタッフによる初日舞台挨拶が行われ、柄本佑、前田敦子、三浦透子、尾野真千子、峯田和伸、菊地成孔、原作者の末井昭、冨永昌敬監督らが登壇した。



本作は、7歳の時に母親が隣家の若い息子とダイナマイト心中するというまるで噓のような実体験をもつ稀代の雑誌編集者・末井昭が綴った自伝的エッセイを元に映画化。工員、キャバレーの看板描きと職を転々としながら、70〜80年代のサブカルチャーを牽引する伝説の雑誌編集長となっていくまでを描いた青春グラフィティ。



公開初日を迎え、主人公・末井昭を演じた柄本は「なんか公開まで随分長かったなと気がして、まだハッキリと公開したんだと実感できずにいます。」とあいさつ。初回上映前の舞台挨拶とあって実感がわかないようだ。



舞台挨拶ではキャスト陣に質問が投げ掛けられ、『この作品への出演オファーに迷いはなかったか?』と訊くと、柄本演じる末井の妻役を演じた前田と爆発する母親を演じた尾野。


尾野は「台本の文字がとても過激だったので、『私、出ていいのかな…』と迷いました」といい、その過激な部分は自分のではなく柄本のセリフと明かし、自身のセリフでは迷いはなかったという。次に原作者である末井のことを知っていたかと訊くと、前田は「完成披露のあった時に末井さんと知らなくて、舞台に立って知りました。」と、これまで知らずにいたことに驚き、笑いを誘い、「『あっ末井さんだったんだ。』はじめまして。」と、この舞台上であいさつ。キャスト陣を驚かせていた。



舞台挨拶の時に「馴染んでいたので、出演俳優さんかと思っていた。」と、さらに笑いを誘っていた。

また『究極の選択で、できるならやってみたいことは?』と質問されると、尾野は「ストリーキング。究極だからね!究極だからやりたい!究極じゃなかったらやりたくないから」と意外な願望があることに驚かされた。さらにMCから『すぐ脱げますか?』と訊かれると、尾野は「だから究極ね。絶対できないことだから」と、会場を笑いに包んでいた。

(編集部)




【ストーリー】

芸術は爆発だったりすることもあるのだが、僕の場合、お母さんが爆発だった―

バスも通らない岡山の田舎町に生まれ育った末井少年は、7歳にして母親の衝撃的な死に触れる。肺結核を患い、医者にまで見放された母親が、 山中で隣家の若い男と抱き合いダイナマイトに着火&大爆発!!心中したのだ──。青年となり上京した末井昭は、小さなエロ雑誌の出版社へ。 のち編集長として新感覚のエロ雑誌を創刊。読者の好奇心と性欲をかきたてるべく奮闘する日々の中で荒木経惟に出会い、さらに末井のもとには南伸坊、赤瀬川原平、嵐山光三郎ら、錚々たる表現者たちが参集する。その後も発禁と創刊を繰り返しながら、数々の雑誌を世におくりだし ていく......。昭和のアンダーグラウンドカルチャーを牽引した稀代の雑誌編集長の実話を元に綴られた自伝的エッセイ「素敵なダイナマイトスキャンダル」がまさかの映画化!ダイナマイト心中という衝撃的な母の死。この数奇な運命を背負って、転がる石のように生きていた青年が辿 り着いた先は──。稀代の雑誌編集長の《笑いと狂乱》の青春グラフィティ。



出演:柄本佑 前田敦子 三浦透子 峯田和伸 松重豊 村上淳 尾野真千子

中島 歩 落合モトキ 木嶋のりこ 瑞乃サリー 政岡泰志 菊地成孔 島本 慶 若葉竜也 嶋田久作

監督・脚本:冨永昌敬

原作:末井 昭「素敵なダイナマイトスキャンダル」(ちくま文庫刊)主題歌:尾野真千子と末井昭「山の音」 (TABOO/Sony Music Artists Inc.) 

配給・宣伝:東京テアトル

R15+

©2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会 


大ヒット公開中!