映画『ボス・ベイビー』初日舞台挨拶





3月21日、『怪盗グルー』シリーズ、『ペット』『SING/シング』といった日本でも大ヒットを送り出したユニバーサル・スタジオと、『シュレック』などのヒット作を手掛けるドリームワークス・アニメーションが、夢の初タッグを組んで制作された『ボス・ベイビー』が公開初日を迎え、東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて日本語吹替えキャストによる舞台挨拶が行われた。




黒いスーツに白いシャツ、ネクタイをビシッと締めた歩く赤ちゃん、ボス・ベイビーを演じたのは声優初挑戦となる俳優のムロツヨシ、このボス・ベイビーに振り回される兄のティム役を女優の芳根京子が演じる。そして大人になったティム役を宮野真守が演じ、この兄弟の両親が務める会社のCEO・フランシス・フランシス役に山寺宏一と人気声優の2人が他のキャスト陣とともに揃って登壇した。


『怪盗グルー』シリーズ、『ペット』『SING/シング』と常連の宮野は「大人になったティム役で本作のストーリーテラー的な役どころ。」と解説。この大人になったティム役のため、ムロをはじめ吹替えキャスト陣とは初対面といい、その感想を尋ねると、「楽しいですね!みんな自由にしゃべってて」と、特にムロのしゃべりには圧倒された様子。本作について宮野は「この映画に参加できて嬉しかったです。なによりもボスが可愛い!その仕草とかもディフォルメされているのにリアリティがあって、子供の可愛さを感じながらもほっこりするので沢山の人に観ていただきたいです。」と参加への喜びとともに本作をアピールした。


劇中でエルヴィス・プレスリー風のキャラクターを演じることにあたり、「何を言っているのかわからなくていいですと言われていて」と収録を振り返ると、ムロから「日本でいうアントニオ猪木さんやビートたけしさんのモノマネのように、エルヴィス・ プレスリーのモノマネがポピュラーなんです。何を言っているのかわかならいという芸なんですね」といい、宮野も劇中でのシーンを再現し客席を大いに沸かせると、「原音がそうなんです。滑舌が悪かったと。どうやるんだろうと思ったらああいう風になった。そのままやった」と宮野。劇中ではそのまま使用されていたことに驚いていたようだ。



一方、山寺は「予告のナレーションを最初にやらせていただいて、『これは面白そうな映画だな!』と思って自分も声優として参加が決まりまして、面白いだけじゃないこれは素晴らしい作品、早く日本の皆さんに観ていただきたいと思っていて、今日、初日を迎えることができて嬉しく思ってます。」と喜びのコメント。


これまでユニバーサル・スタジオ、ドリームワークス作品に多く参加し、日本でも注目作となった『シュレック』や『ヒックとドラゴン』などにも参加。山寺は「ドリームワークスも良い作品があるものの日本では…ちょっと…」といい、「この『ボス・ベイビー』ではこれだけ人が入っているんだから過去のドリームワークス作品も良い作品があるので再び評価されるのでは思います。」と述べると、本作の魅力について「すべてだと思います。その映像技術の凄さはありますけど、ドリームワークス作品は、ギリギリまで笑わせて最後に心が温かくなる映画。世代を選ばない映画」と称賛した。


初日上映後の舞台挨拶とあって本作を鑑賞した観客の反応が気になり客席に問いかけると、大きな拍手をもらいムロもガッツポーズ!喜びを露わにニッコリ、「拍手には嘘がないから」と初主演作が大好評と分かり大満足していた。



また舞台挨拶には芳根京子、乙葉、石田明(​NON STYLE​)らもともに登壇。続編の制作決定に芳根も参加を懇願していた。

(編集部)




 【ストーリー】

パパとママ、7歳のティムの3人家族の元にやってきたのは、黒いスーツに白いシャツ、ネクタイをビシッと締め、チャキチャキと歩く赤ちゃん“ボス・ベイビー”。弟として迎えいれられた彼は普通じゃない。見た目は赤ちゃん、中身はおっさんだったのだ!!


 監督:トム・マクグラス 『マダガスカル』シリーズ

 キャスト:アレック・ボールドウィン、マイルズ・バクシ、ジミー・キンメル、リサ・クドロー、スティーブ・ブシェミほか


日本語吹替えキャスト

ムロツヨシ、芳根京子、乙葉、石田明(NON STYLE)、宮野真守、山寺宏一ほか

配給:東宝東和

(C)2017 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.


大ヒット公開中!