映画『ミスミソウ 』公開記念トークイベント





『ハイスコアガール』『でろでろ』などで知られる人気漫画家・押切蓮介の代表作『ミスミソウ 完全版 』。映像化不可能と言われた伝説のコミックを実写映画化!4 月 7 日の公開前に公開記念トークイベントが開催された。ファンの間でも人気作にして「トラウマ漫画」と言われるほど作品で初の実写化になる。


注目の若手女優の山田杏奈が主人公・野咲春花を演じ、映画初主演。また学校で支えている唯 一の味方・相場晄役を演じるのは映画「渇き。」、「ちはやふる 上の句/下の句」などに出演の若手俳優の清水尋也が演じる。



2018/03/27


会場:文禄堂 高円寺店

登壇者:押切蓮介(漫画家)黒史郎(小説家)




トークイベントでは原作者である漫画家の押切蓮介と双葉文庫『小説 ミスミソウ』の著者・黒史郎による映画「ミスミソウ」のこと、コミック、小説の両作品についてなど語った。




ー 映画『ミスミソウ 』について ー

本作を鑑賞した黒は「ノベライズの依頼を受けてた時で、映画、原作とあるのでどうしようかと意識しながら観てました。でも観たことでインスピレーションをもらい、ノベライズに影響を受けてるところも多いです。」と語った。


押切は「面白かったです!良かったです!初号試写で観たっきりなので、完成披露試写会では観てないので、また観に行こうかと思ってます。でっかいスクリーンで観てみたいですね。お金を出して観に行きます!」と自身の作品の初の実写化に満足した様子。また黒からも「前売り券買います!」と、声が上がるほどだった。


ー 撮影現場を訪れて ー

撮影現場に2回ほど足を運んだといい、その時のことについて、押切は「撮影現場に近づくと動物かなにかの鳴き声がするので、なにかと思ったらそれが流美ちゃん(大塚れな)の叫び声だったんですよ。その瞬間、『この映画はヤバイな』と思って期待が膨らみました。」と、この映画に期待が高まったという。


この寒い現場で役者さんたちが長時間、「転げまくりながら演技しているのを見て、本当に凄いと思いました。」と、キャストたちを称えた。


台本に描かれたキャラクターイラストも会場に展示されていた。



最初に撮影現場を訪れた時に押切がキャスト11人の台本に各キャラクターのイラストを台本に描いたという。このイラストを描くにあたり、押切はすっかりキャラクターの造形を忘れていて、携帯で調べて見ながら描いたと明かし、このことで撮影現場は士気が上がったいう。


また撮影現場がサイン会状態になり、撮影を殆ど見ずにサインを書いていたというエピソードを語り、次に現場を訪れた時には、現場がクライマックスの撮影とあって緊迫していて、押切もそのピリピリした状態を感じ取り、さらに軽井沢の撮影現場の寒さでお腹が痛くなりトイレに駆け込むというハプニングも。結局1時間ほどで帰ってしまったといい、現場に行ったのはこの2回だけだったと苦笑い。



ー 小説について ー

押切は小説を読んで「僕の至らない点がすべて補われてて、至らない点をすべて添削された感じで、すごく良かったです!」と絶賛。


黒からは「身近に熱狂的なファンもいるので、『この人たちを怒らせたら殺される…』ミスミソウのファンで熱狂的ですから。僕も大好きなので妄想よりにならないように、でも押切さんがはじめて読むようなものも少し入れたいと思ってたんです。」と語り、押切自身に『こんなシーン書いたかな?』と思わせるものを入れたという。またメインキャラクター以外の日常だったり描かれていない側面だったり、セリフなどをなるべく入れられるようにしたかったという。



元々、友人だったという2人。その出会いは深夜の高円寺での鬼ごっこといい、鬼をしていたのが押切だったそうで、「この鬼が怖かった…」と黒。その理由は、狂気を武器に叫びながら追いかけ回され、捕まると10分間くすぐられ、その上にお金も取られる…という怖さ。押切は逃げる人たちが滑稽で、その姿を楽しみ遊んでいたといい、黒が小説家になる前からの付き合いになると明かされた。


さらにMCを務めたプロデューサーの田坂も押切とは、20代の頃に出会っており、バイト仲間だったと明かされ、「ミスミソウ」の映画化企画をきっかけに再会し、この映画化に繋がったというエピソードも披露され、この繋がりのエピソードには観客も驚いたのではないだろうか。




ー 漫画『ミスミソウ 』 ー

「ミスミソウ 」というタイトルについて、押切は「タイトルをどうしようかと思ってて、雪割草という花は知っていたので、調べていくうちに花言葉『はにかみや、信頼』をテーマからひとつの作品を構築した方が良いのではと思って。でも雪割草というタイトルはゲームにあるので、雪割草の別名『ミスミソウ 』にした。」と解説し、タイトルの秘話が明かされた。




ー 映画から感じてしまったこと ー

原作者である押切「もともと僕はギャグマンガ家で、真面目な漫画を描いたつもりだったんですけどね『ミスミソウ』は。でも映画にすると滲み出るギャグ臭が映画から伝わってくるんですよ。いくつかのシーンで笑いを堪えていたてんです。」といい、冒頭のシーンで、「春花が泥だらけになりながら帰るシーンがあるじゃないですか、途中で祥ちゃんが迎えに来るんですよ。『お姉ちゃん!』って、その後ろを歩いてたお母さんも一緒になって抱きつくんですよね。映像には映ってなかったけど、いたんでしょうね。出てくるんですよ、お父さんも。そして3人を抱きしめるんです。」と解説し、「あれがすごいシュールに見えちゃって、笑っちゃっうんですよね。そして『お前もいたのかよ!』と思わず突っ込みたくなるそのシーンで笑えるか確かめて欲しい」と押切。映画を観るときにココを念頭において、滲み出るギャグ臭を確かめて欲しいとアピールした。





また、4月3日発売の漫画アクション(双葉社)には、「ミスミソウ」の映画特別編として押切による8ページの読み切りが掲載されると告知も。さらに観客の中から映画『ミスミソウ 』のサイン入りポスターをプレゼントなど、ジャンケン大会も行われ、写真撮影やサイン会と盛りだくさんなイベントとなっていた。

(編集部)





【STORY】

東京から田舎に転校してきた主人公・野咲春花(山田杏奈)は“部外者”として扱われ、壮絶なイジメを受けていた。春花の学校での唯一の味方は、同じ ように転校してきたクラスメイトの相場晄(清水尋也)。彼を心の支えに必死に耐えてきた春花だが、クラスの女王的存在、小黒妙子(大谷凜香)の取り巻きのイジメグループによる嫌がらせは日に日にエスカレートしていった。そして、ある日、激しく燃え上がる炎が春花の家を覆い尽く。春花の妹・祥子は大火傷を負いながらも助かったが、 両親は命を落としてしまった。思いもよらない悲劇に遭遇した春花の心は、崩壊する── 。やがて事件の真相が露見することを恐れたイジメっ子達は春花に自殺するよう強要するが、それがきっかけとなって春花は事件の真相を知り、家族を奪ったイジメっ子達に己の命を賭けた凄惨な復讐を開始するのだが...。厳しい冬を耐え抜いた後に雪を割るようにして咲く花、三角草(ミスミソウ)。春花はミスミソウのように厳しい冬を耐えて、きれいな花を咲かせることができるのか...。春花が選んだ道とは・・・。



出演:山田杏奈 清水尋也

大谷凜香 / 大塚れな 中田青渚 紺野彩夏 櫻愛里紗 遠藤健慎

大友一生 遠藤真人

森田亜紀 / 戸田昌宏 片岡礼子 / 寺田 農

監督:内藤瑛亮

原作:押切蓮介 『ミスミソウ 完全版』 (双葉社刊)

脚本:唯野未歩子

主題歌:タテタカコ「道程」(バップ)

制作プロダクション:レスパスフィルム

配給:ティ・ジョイ R-15

©押切蓮介/双葉社 ©2017「ミスミソウ」製作委員会


4月7日(土)より 新宿バルト9ほか全国ロードショー!