映画『終わった人』完成披露会見






5月10日、映画『終わった人』完成披露会見が、東京国際フォーラムにて行われた。本作は作家・内館牧子の 「定年って生前葬だな・・・」という衝撃的な書き出しから始まるベストセラー小説「終わった人」を舘ひろし・ 黒木瞳のW主演で映画化。『リング』の中田秀夫がメガホンを取り、「本当に撮りたかった作品」と、中田監督が新境地へ挑戦したハートフルコメディ作品。



映画にちなみ生前葬をイメージし様々な花が多く飾られた花壇が用意された。この会見には、主演の舘ひろし、黒木瞳をはじめ広末涼子、田口トモロヲ、ベンガル、内館牧子、中田秀夫監督らが出席。主演の舘が演じるのは定年を迎えた情けない田代壮介。黒木は、そんな夫に呆れ、卒婚がよぎる美容師の妻・千草を演じ、初の夫婦役を演じている。

舘は「大変ネガティブなタイトルの映画ですが、内容は極めて楽しいコメディで、夢のある作品に仕上がっていると思います」と、本作の完成に自信をみせた。黒木からは「私もまもなく定年を迎える夫がおりますので、疑似体験というか、明るく学ばせていただきました」と、笑いを交えたあいさつ。


舘と黒木が演じる夫婦の間を脅かす天然小悪魔の方言女子・久里を演じた広末は「大好きな黒木さんと、小さい頃から観ていた『あぶない刑事』。まさか小学生の頃に憧れていた舘さんとご一緒できるなんて夢にも思っていなかったので、ひさしぶりに緊張しました。ドキドキ、ワクワクする現場でした」と、共演を喜び、嬉しそうに話すとこれを聞いた舘も照れ笑いをみせていた。



本作の『終わった人』というタイトルを聞き「私自身が終わりに近いので、あんまりやりたくないなと思ったんですけど、脚本を読んで、これはコミカルで面白いと思ってやらせてもらいました」と、舘。一方、黒木はこの『終わった人』というタイトルに「ギャグだなと思いました。どんな脚本なんだろう」と興味が湧いたいい、完成した本作を観て「舘さんが可笑しくて無防備で、こんな舘さん見たことないと思い、舘さんの素晴らしさに感動しました」と称賛した。また広末もこのタイトルに慣れず困惑したいう。


舘と黒木が夫婦を演じたことに広末は「そう来るのか!やっぱり終わっていない人がやらないと! 本当に“切ない”キャスティングだと、きっと悲しくて重たい話になってしまうんだろうなと現場でも毎回感じていて、正直お二人が美しすぎて、こんな夫婦現実にはいないからこの映画はどうなるのかと思ったくらい。」と撮影を振り返り、でも、いろいろ役作りされたものを観ると、すごく生活感やリアリティが伝わってきて美しい中に切なさがあって凄いなと思いました」と称えた。


イラストレーターで自由奔放、千草の従弟・トシを演じた田口は「中田監督が演出されると聞いたときに、『終わった人』っていうのはゾンビか、これはゾンビ映画なのか?来た!と思って蓋を開けたら全然違った」と、この勘違いに笑いを誘った。


「あぶない刑事」で舘とタッグを組み続けていたベンガルは「俳優って電話越しに『終わった人』と言われるとドキッとするんです。グサッとくるんですよね」といい、さらに笑いを誘っていた。



内館は本作にカメオ出演していると明かされ「当時、足を骨折していたので、座ってできる役ならばと喜んでお引き受けした。それで私、勝手に素敵なバーで1人ワイングラスを傾けるアンニュイな女役だと、本当に思い込んでいたんです。でも衣装合わせのときになぜかジャージを渡され、ジャージで飲むの?思っていた」といい、その役はスポーツジムで血圧を測る女性役で違っていたいう。


「あまりに素晴らしかったからもう1カット出てください」と中田監督に言われて、舘さんたちをうっとり見ている役も演じたんですが、パンフレットのキャプションを見たら『事務の老人たち』と書かれていて、こんなにいい映画に出られて、女優冥利に尽きます!」と大いに沸かせた。


本作のタイトルに戸惑うキャスト陣。笑いを誘うエピソードが披露され、笑いの多い会見と大いに盛り上がりをみせていた。

(編集部)





【ストーリー】

大手銀行の出世コースから外れ、子会社に出向させられたまま定年を迎えた田代壮介。これまで仕事一筋だった壮介は途方に暮れる。

日々、やることがない。時間の進みが遅すぎる…。このまま老け込むのはマズイと感じ、スポーツジムで身体を鍛え直したり、図書館で時間を潰そうとするのだが、よく見ると周りにいるのは “終わった”ように見えてしまう老人ばかり…。美容師として忙しく働く妻・千草には、ついグチをこぼし、次第に距離を置かれてしまう。

「俺はまだ終われない」と、職業安定所で職探しを始めるも、高学歴と立派な職歴が邪魔をして思うように仕事が見つからない。妻や娘からは「恋でもしたら?」とからかわれる始末…。

そんな時、大学院で文学を学ぼうと思い立った壮介が、勉強のために訪れたカルチャースクールで出逢った女性と恋の予感が…。

また、スポーツジムで知り合った新興のIT企業社長との出会いにより、壮介の運命の歯車が回り出す──。




原作:内館牧子「終わった人」(講談社文庫) 

監督:中田秀夫

キャスト:舘ひろし 黒木瞳 広末涼子 臼田あさ美 今井翼 田口トモロヲ 笹野高史

配給:東映

(C) 2018「終わった人」製作委員会



6月9日全国ロードショー!