『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』製作発表会見

 





8 月 4 日公開の『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film』の製作発表会見が、6 月 12 日に丸の内TOEIにて行われ、それぞれキャスト・スタッフが集結!劇場版ゲストも含め劇中衣装で登壇し、それぞれの作品キャストが意気込みを語った。


会見は『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film』と『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』と別々の 2 部構成で行われた。



『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』製作発表会見リポート

 
登壇者
犬飼貴丈 赤楚衛二 高田夏帆 武田航平 越智友己
滝裕可里 水上剣星
劇場版ゲスト:勝村政信 藤井隆
上堀内佳寿也監督

キャラクター
仮面ライダービルド 仮面ライダークローズ 仮面ライダーグリス 仮面ライダーローグ
仮面ライダーブラッド
ゼブラロストスマッシュ
シザーズロストスマッシュ

 

※フォトギャラリーは期間限定となっております。


現在、絶賛放送中のテレビシリーズもクライマックス迎え盛り上がりをみせている『仮面ライダービルド』。本作は初の単独映画であり、テレビのクライマックスと映画のテーマを絶妙に表現し『ビルド誕生』の秘密も明かされるという。また北九州ロケを敢行し、道路を封鎖するなどの大規模な撮影にエキストラ 3000 人を動員するなど話題を呼んだ。

犬飼貴丈をはじめレギュラーキャスト陣が集結!劇場版ゲストの勝村政信、藤井隆も出席。

ーー今回、初の仮面ライダー役のオファーに周囲の反応や演じて興奮したことは?


東都知事・伊能賢剛 / 仮面ライダーブラッド役

勝村:史上最強の仮面ライダーブラッド役を演じさせていただきました。本当に驚きました。7 月で 55 歳になるんですが、『こんな年寄りがライダーやっていいのか…大丈夫なのか…』と、でもネットニュースで配信されてから、周りの友達が『お前凄いな!』と褒めてくれて、子供と観に行くとか沢山の声をもらいました。


衣装合わせの時に監督とお話をさせてもらって、『変身ポーズとかどうしましょう?』と聞かれたんですけど、恥ずかしくて、いろいろ装具もあるらしく変身ポーズは歳も歳なのでと言ったんですけど…そのことを今、後悔してます…『どうして変身ポーズ付けなかったのかな…』と、本当に残念です。ちょっと撮り直してもらいたい。


本当に思ったんですけど、『仮面ライダー』を始まった頃から観ていた勝村少年に『君は 50 年近く経ったら最強の仮面ライダーを演じるんだぞ!』と言ってやりたいです。小学 1 、2 年生の僕は卒倒するんでしょうけど、本当に夢のようです。


西都知事・郷原光臣 / ゼブラロストスマッシュ役

藤井:最初、台本には標準語と書いてあって、衣装合わせの時に監督から話をいただきまして関西弁になり、どういう風になるんだろと、最初は怖かったんですけど、撮影現場が素晴らしくて、出演者、スタッフの皆さんがプロの集団が集まってらっしゃったので、身が引き締まる思いで凄く勉強になり光栄でした。


僕は平和主義者なので、今回、悪役で非常に難しいと思ったんですけど、撮影現場で松井さん、勝村さんとご一緒させていただいている時には最新の芸能ゴシップなどを勝村さんに報告することによって悪い自分になれたというか、勝村さんもキャッキャと聞いてくれるのでやり易かったです。


北都知事・才賀涼香 / シザーズロストスマッシュ役を演じた松井からはビデオメッセージが到着。

松井:元々仮面ライダーシリーズが大好きだったので、その仮面ライダーの中に自分が参加できるということでとても嬉しかったです。才賀涼香という役は表の顔は元宇宙飛行士で、そして北斗の知事なんですけど、実は地球滅亡を企む“ブラッド族”の 1 人であり、仮面ライダービルドを追いつめるキャラクターになってます。



勝村の変身ポーズをやらなかったことへの後悔や悪役のためにゴシップ情報で悪い部分を拡張させた藤井。大好きな仮面ライダー作品への参加に喜びを露わにした松井。それぞれのコメントから、その熱量を感じられる劇場版ゲストに相応しいキャストが揃ったと感じた。



ーーテレビシリーズからこれまで撮影を重ねて来て成長したことは?


桐生戦兎 / 仮面ライダービルド役

犬飼:仮面ライダーと言えば変身だと思うんですけど、はじめクランクインしたあたりでは変身のやり方が上手く決まらなかったり、格好が良くないと悩んだりしたんですけど、終盤、集大成というこの映画で、過去一番の変身が出来ましたので成長したなと思います。



万丈龍我 / 仮面ライダークローズ役

赤楚:僕も変身には戸惑いまして、何十テイクも重ねて、はじめて成功するという感じだったんですけど、いまは 1 回か、多くて 5 回ぐらいで変身できるようになったので成長したのかなと思います。

猿渡一海 / 仮面ライダーグリス役

武田:僕自身は撮影も途中から参加したんですが、その時と比べて赤楚くんが役者として頼もしい部分が沢山垣間見れるようになって、もう同い年ぐらいの感覚でみれるようになって、撮影現場も一緒に引っ張ってってくれるので、それが実感したことです。


石動美空役

高田:撮影で、朝 4 時、5 時の集合とかあるんですけど、早起きが得意になりました。朝早いのに慣れました。遅刻しません!


内海成彰/ 仮面ライダーマッドローグ役

越智:仮面ライダーという大きな作品で、最初は不安と緊張でいっぱいいっぱいだったんですけど、段々と撮影自体を楽しむ余裕が出てきて、僕自身、変身したかったのもあったので変身できたのは大きかったですし、いまは撮影を凄く楽しめてます。


滝川紗羽役

滝:1 年間の長丁場の現場で、はじめましてで出会って、それから 1 年経って何でも話し合えるリアルな仲間になったので、この仲間の絆が成長したと思います。


氷室幻徳 / 仮面ライダーローグ役

水上:1 年前にみんなで顔合わせして、1 年経って、途中から武田航平くんも入って来て、役者からも『こういう風にしたい。ああいう風にしたい。』と出せるようになってきて、その集大成が今回の映画なのでその部分が成長できたと思います。



また、成長したことについて水上が答えていると、武田から「ヒゲが成長したんじゃないですか(笑)」、滝も「髪も伸びてる(笑)」とツッコミが入る場面もあり笑いを誘っていた。




ーー昨年の『平成ジェネレーションズファイナル』で、劇場版デビューし、今回で 2 作目。キャスト陣の成長を感じたことは


上堀内監督:前回『平成ジェネレーションズファイナル』を撮らせていただいた時には、過去のレジェンドのライダーの方たちが沢山出ていただいて、その中に今回のビルドのメンバーが一緒に入ってという作品だったので、その時は正直、いろいろな面で差を感じていた部分もありました。ただ、これだけテレビシリーズを経てきて、夏の劇場版、ビルド単独の映画という意気込みを含め、芝居も含め、その臨む姿勢も含めて、全体的にみなさんレベルアップしてくれていると実感しました。




ーー今回、北九州ロケでの撮影や現地で楽しんだことなどを尋ねると


犬飼:北九州ということで、まず先に思いついたことが『あっ!ラーメンが美味しい!』ということで、ラーメンが大好きなので、どれほどの数のラーメンが食べれるかということに撮影以外の時間はそこに集中しようと考え、本当に北九州はラーメンの旅でした(笑)。


赤楚:僕とあっちゃん(犬飼)と、剣星さん航平さんの 4 人でホテルで朝まで語り明かしたというのがあり、次の日は凄く眠くて、でも頑張ったのが思い出です。



ーー北九州での撮影について

勝村:とにかくエキストラの数に驚きました。暑い日に朝から集まっていただいて、しかも助監督さんの要求にすべて一度で応えてくださるという本当に俳優のような人たちばかりで驚きました。撮影では最初のセリフのシーンだったので、皆さんに乗せていただいて、エキストラの皆さんのお陰です。


犬飼:3,000 人という方たちが 1 人 1 人が、もの凄く仮面ライダーを愛している人たちで、撮影現場も良い空気で、熱い現場だったなと思い、とても愛情が伝わってきて撮影したものを観てそれが伝わってきました。

赤楚:同じく映像から凄く熱量を感じました。



この会見では劇場版に登場する仮面ライダーブラッドをはじめ、シザーズロストスマッシュ、ゼブラロストスマッシュも初お披露目され、ビルド、クローズマグマ、グリス、ローグも登場しフォトセッションも行われた。 

会見の最後には主人公・桐生戦兎 / 仮面ライダービルド役を演じた犬飼から「『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』この夏、最も熱い映画になってると思います!暑い夏にベストマッチな映画です!」とアピールした。

(編集部)





『劇場版 仮面ライダービルド Be The One(ビー・ザ・ワン)』 
東都、西都、北都。3つの首都が繰り広げた戦争は終わった。パンドラタワーには新政府が樹立。3つの首都には、これまでの首相に代わってそれぞれ知事が置かれ、平和のための新体制が確立された―――はずだった...。 だがそれは、仮面ライダービルド/桐生戦兎を撲滅するための、隠された真実へとつながる完璧な計略だった! 最高の相棒を失い、最悪の状況から導き出された答えは、奇跡の法則!
なぜビルドドライバーには2本のボトルが必要なのか。 なぜ仮面ライダービルド/桐生戦兎は闘うのか。答えは、ただひとつ。 「絶対にできる......。俺とお前なら......。さぁ、最後の実験を始めようか。」
 
 
出演:犬飼貴丈 赤楚衛二 高田夏帆 武田航平 越智友己
滝裕可里 水上剣星 藤井隆 松井玲奈 小久保丈二 木山廉彬 
金尾哲夫(声の出演)/ 前川泰之 勝村政信
監督:上堀内佳寿也 脚本:武藤将吾 音楽:川井憲次
 
劇場版「ビルド・ルパパト」製作委員会 ©石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 ©2018 テレビ朝日・東映 AG・東映
8月4日(土) ROADSHOW