映画『キスできる餃子』公開記念舞台挨拶





6 月 22 日に公開された足立梨花主演映画『キスできる餃子』。この公開を記念してスタッフ・キャストによる舞台挨拶が、23 日に東京・新宿ピカデリーにて行われた。この舞台挨拶には主演の足立梨花、田村侑久(BOYS AND MEN)、佐野ひなこ、秦建日子監督らが登壇し、本作のエピソードなどが披露された。


本作は宇都宮を舞台にバツイチ子持ちの出戻りシングルマザーの藤田陽子(足立梨花)が、実家の餃子屋の再建に奮闘しながらも、イケメンゴルファーの岩原亮(田村侑久)に恋をするという餃子xラブエンターテイメント!


登壇からテンションの高い田村に足立も佐野も動揺を隠しきれない様子。その自由な振る舞いに足立も呆れていると、この日の服装が足立と田村で色が同じということに、田村は「今日、お揃いコーデでやろうって話をしてて」、足立からは「違います!勝手に言ってて」とのツッコミに田村も「勝手にじゃないでしょそっちもでしょ」と、2人で掛け合いが続き、とても仲の良さそうな2人だった。



バツイチ子持ちの出戻りシングルマザーの藤田陽子役を演じた足立は「皆さんに観てもらえる日がくるのが楽しみだったので皆さんの反応が怖かったんですけど、栃木の先行公開では皆さんの反応を見ているとニコニコが多かったので、ほっとしてます」と笑顔をみせ安堵の表情。



この『キスできる餃子』というタイトルのこの映画への出演オファーを受けて率直な感想を訊くと。


足立は「まず『キスできる餃子』って聞いてどんな映画かな?と思って、分からないじゃないですか?ネットとかでも見ましたけど、『キスできる餃子』?『餃子にキスするの?』『足立梨花にキスするの?』とかありましたけど違いますみたいな感じでした」と話題になっていたといい、「ちょっと不思議だなあ、どういう映画なんだろうと思ったんですけど、実際に台本を最後まで読むと、なるほど!だから『キスできる餃子』なのかと納得できて撮影するのが楽しみでした」と振り返り、観た後には餃子が食べたくなるとアピール。


イケメンゴルファー岩原亮役を獲得するにあたり、田村の所属事務所では激しい調整があったといい、田村は「実はこのお話をマネージャーから電話で『ちょっと映画出演が決まるかもしれない』と連絡をもらいまして、秦監督が田村君にオファーをしてくれていると聞いて、秦監督に一度もお会いしたことないのに『ホントですか!嬉しいです!』と言っていたら事務所的にはオファーをストップしていると言われ、『なぜ?ストップしてるんですか?』」と思わぬ展開に田村も動揺。


「事務所としては今回イケメン役だから田村じゃないと思うんだよね」と返答があり、田村も「それでも田村君でオファーしてくれているんですよね?でも事務所的にはイケメンが行かないといけないからストップしてる」と明かされ困惑したという。

「勇翔というイケメン担当がいるんですけど、事務所からは『勇翔を推薦したから』と言われ、秦監督のところには 2人で顔合わせ行ってきてと言われて、どっちになるか分からない状態だった」と田村。自分に決まってなければこの場に立ってなかったと思わず吐露。


結果、勇翔は足立の演じる藤田陽子の元旦那役で出演していると明かされ、足立も「そっちの方がイケメンなんですよね…」とポロリ。田村は「どうか分からないですけどね」といい、映画を観て比べられるのも困るし、「やっぱりこっちがイケメンじゃん!と言われるのも」と笑い話にしていた。


実際にオファーした秦監督は「田村君のイメージに合うと思ってオファーしてたんですけど、顔合わせの時に 2人で来たので気不味く、事務所の方は勇翔君を強く推してたのでかなり斬新な顔合わせでした」と、裏エピソードが明かされ観ていただいた方に判断して欲しいといい、田村も思わず「怖え…」と発し笑いを誘った。

(編集部)






【ストーリー】

バツイチ子持ちのシングルマザーが地元の宇都宮に帰ってきた。 実家の餃子屋の再建と子育てに奮闘するさなか、イケメ ンの新聞配達青年に出会ってしまう。 しかし、彼の正体は今をときめくプロゴルファーだった ...。

果たして彼女の新たな恋は実るのか?そして餃子屋は再建できるのか...!?

 

 

脚本・監督:秦建日子(『クハナ!』監督/「アンフェア」シリーズ原作)

出演:足立梨花 田村侑久(BOYS AND MEN)

佐野ひなこ 中島広稀 古川凛 大石吾朗 佐藤美希 勇翔(BOYS AND MEN)

浅野和之 麻生祐未

主題歌&挿入歌:チャラン・ポ・ランタン

配給:ブロードメディア・スタジオ

制作:ホリプロ

 

大ヒット上映中!