映画『虹色デイズ』公開記念舞台挨拶




7 月 6 日から公開された映画『虹色デイズ』。この日、公開記念舞台挨拶が行われ、キャスト・スタッフが登壇。 7 月 7 日は七夕とあって、“虹色七夕祭り”として登壇者全員が浴衣姿で登場!本作は“男子だって本気で恋をする。”たった一度だけの青春を駆け抜ける、ちょっとおバカでお騒がせな男子高校生 4 人の友情と恋に胸がときめく高校生男子のリアルな青春の日々を、いま最も旬な若手人気キャスト主演で描く感動青春ストーリー!



 

2018/7/7

会場

丸の内ピカデリー

登壇者

佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、中川大志、高杉真宙、横浜流星

吉川愛、恒松祐里、堀田真由

飯塚健監督

 

舞台挨拶に佐野、中川、高杉、横浜らが浴衣姿で登場すると、会場は客席からの大歓声に包み込まれた。



※フォトギャラリーは期間限定となっております。


この日は七夕。舞台挨拶では主演の 4 人の佐野、中川、高杉、横浜らそれぞれが、自筆で願い事を書いた短冊を披露した。


最初にピュアで元気な愛されキャラのなっちゃんを演じた佐野は「これはみんなの願いだと思いますけど、『この映画が沢山の人の心に届きますように』僕が一番に発表すると思ってこういう感じで、みんな思いを」と願いを込めた。

個人的にはちょっとバカンスがしたいと語り、「島に行きたい。ハワイとか諸島でバカンスしたい!でもね。今は行けない…」と本音もポロリ。


チャラくて女好きなモテ男のまっつんを演じた中川は「『恋する皆んなに虹がかかりますように。』書いたのを見たら一人だけテンションが違ったので…恥ずかしくなったんですけど、恋だけじゃなくて、いろいろ青春を送ってる皆さんに、辛いこととか過酷なことがあった後に虹が見えたらその時間も良かったなと思えるじゃないですか」と願いを語ると、他のキャストからもカッコイイ!と声が上がり中川もニッコリ。「皆さんにとって良い終わり方であればいいのかなと思いました。虹が見えればいいなと。」と客席から大きな拍手をもらった。


秀才で超マイペース なオタクのつよぽんを演じた高杉は「僕は『また虹色デイズのメンバーで撮影ができますように。』凄い楽しい時間を過ごさせてもらったので、また『虹色デイズ』つよぽんでもいいですし、他の形でも一緒にできたらいいなと思いました。」と撮影を振り返りながら願いを込め、また、このメンバーで別の作品を撮るとしたらと尋ねると、他のキャストからモノクロデイズと声が上がり、どろどろした闇のある暗いやつなど、超どろどろした話と、想像が膨らみ盛り上がりをみせていた。

またオーシャンズ 4 とかと声が上がると「すぐ捕まりそう(笑)」と笑い飛ばす場面もあった。


いつもニコニコだけど実はドSな恵ちゃん演じた横浜は「『虹色デイズ大ヒットしますように。』つまんなくてすみません!」と頭を下げると、佐野や中川、高杉からは「大事だよ。」と言われ、「みんなの気持ちはこれ!」と笑顔をみせた。

また個人的な願いについて訊かれると、横浜は「ウユニ塩湖に行きたい!ずっと行きたいと思ってて、海外の凄く幻想的で綺麗な場所です。」と南米のボリビア西部にある『天空の鏡』と呼ばれる湖に行きたいといい、それを聞き、中川、横浜で行こうと言いだし、佐野と高杉はハワイへと行こうと笑い合う姿に客席も笑いに包まれていた。



また舞台挨拶も終盤には『虹色の瓦割り』を 4 人ですることになり、このメンバーの中でも横浜は極真空手の有段者にして、中学の頃に世界チャンピオンになったほど。もちろん瓦割りも経験者。「瓦より板とかバットの方が多い」と横浜。中川から「ひとりだけ次元が違う…」とポツリ。

横浜以外の佐野、中川、高杉は瓦割り未経験ということで、横浜がレクチャーし、4 人で一斉に気合を込めて瓦割りを披露!見事、全員が割ることができ、一番華奢な高杉も思わずガッツポーズを決め力こぶをアピールし満足げだった。

最後のフォトセッションでは登壇者全員が客席に立ち、大ヒット祈願を込めて大きな掛け声とともに舞台挨拶を締めくくった。

(編集部)



【STORY】 

ピュアで元気な愛されキャラのなっちゃん(佐野玲於)、チャラくて女好きなモテ男のまっつん(中川大志)、秀才で超マイペースなオタクのつよぽん(高杉真宙)、いつもニコニコだけど実はドSな恵ちゃん(横浜流星)。性格も趣味もまったく違うのに、4 人はいつも一緒な仲良し男子高校生。おバカでお騒がせな楽しい毎日を過ごしていたが、恋に奥手のなっちゃんが同級生の杏奈(吉川愛)に片想いしたことで、4人の日常に変化があらわれ...?!



出演:佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE) 中川大志 高杉真宙 横浜流星

吉川愛 恒松祐里 堀田真由 坂東希(E-girls/Flower) / 山田裕貴 滝藤賢一

原作:水野美波「虹色デイズ」(集英社マーガレットコミックス刊) 

監督:飯塚健

脚本:根津理香/飯塚健

音楽:海田庄吾

エンディング・テーマ:「ワンダーラスト」降谷建志(ビクターエンタテインメントMOB SQUAD) 挿入曲:フジファブリック阿部真央LeolaSUPER BEAVER

企画・配給:松竹

(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社


大ヒット公開中!