『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film』舞台挨拶

2018/0805





8 月 4 日に封切られた『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film』。この日、東京・ユナイテッド・シネマ 豊洲にて、舞台挨拶が行われ、伊藤あさひ、結木滉星、濱正悟、横山涼、工藤遥、奥山かずさ、元木聖也らレギュラーキャスト陣が舞台挨拶に登壇した。

 

 

※フォトギャラリーは期間限定となっております。

映画上映後、突如、会場にカメラ男が現れ、この映画泥棒に対し、パトランプ男が取り押さえようとすると、「いくら盗撮…いくら快盗でも映画盗撮は許せないな」、「国際警察の権限において、映画盗撮を阻止する!」夜野魁利(伊藤あさひ)、朝加圭一郎(結木滉星)が登場。2 人は背中合わせに立ち、劇中の“共闘”を彷彿させるように 2 人で、カメラ男を見事に取り押さえ、パトランプ男に引き渡し、一件落着!しかし、ルパンレッド(魁利)が『アデュー!』と、その場を去ると、「待て!ルパンレンジャー!」と、圭一郎が絶叫!というこの寸劇に客席も笑いと拍手で大盛り上がり!サプライズな舞台挨拶スタートとなった。

大歓声で迎えられレギュラーキャスト陣が登壇。再び登場した夜野魁利/ルパンレッド役の伊藤は「さっきちょっと噛んだんですけど…」と、恥ずかしそうにいい、実は裏では、伊藤が噛んだ瞬間、「こいつ、やったわ」となって笑いを堪えるのにみんなが必死だっと明かされると客席を大いに沸かせ、「こんにちは!来てくれてありがチュー!」と、決めセリフで挨拶。続いて、朝加圭一郎/パトレン 1号役の結木は客席を見渡し「こんなに多くの方が観に来てくれて嬉しいです!」と喜びのコメント。


もう定番となった「ルパンブルー」と低音ボイスで、宵町透真/ルパンブルー役の濱が挨拶。「魁利、主演とはいえ、しょっぱなから噛むのは許せない」と笑いを誘い、伊藤(魁利)も顔を隠し苦笑い。

次に「こんにちはー!」と、陽川咲也/パトレン2 号役の横山。「元気がないな。こんにちはー!」と再び挨拶すると、『こんにちはー!』と大きな声で返され「最高です!」と笑顔をみせた。

「みなさん!劇場版、ヤバヤバのヤバスギだったんではないでしょうか?」と、早見初美花/ルパンイエロー役の工藤もニッコリ。明神つかさ/パトレン 3号になりきって「今日は来てくれてありがとう!最後まで楽しんで行ってくれ!」と凛々しく挨拶し、高尾ノエル/ルパンX/パトレンX役の元木も「ボンジュール!元気ですか?元気な人は手を挙げて!」と小さな子供たちの心を掴む挨拶に大きな声で返され、頬を緩めた。レギュラーキャスト陣が役柄になりきりながらの挨拶に客席も大盛り上がりとなった。



この映画で最もインパクトを与えたルパンレンジャーの 3 人が融合する新フォーム『ルパントリコロール』について話題になり、工藤が、「脚本にはルパントリコロールという文字だけ書かれていたんです。トリコロールって、普通は青、白、赤じゃないですか。イエローはどこいっちゃったんだろうって心配になって」と明かし、実際にはレッド、ブルー、イエローの 3 色。すると、こんな指摘も…「でもブルーが隠れる角度になると、完全にオムレツになってしまうんですよ」と、マントのイエローで包まれた姿は、まるでオムレツと工藤。「それを言うな!」と、濱のツッコミに笑いを誘うと、工藤は「それすらもカッコよく見えるのがルパパト!」と魅力を訴え、客席から大きな拍手をもらった。




本作では、ルパンレッドとパトレン1号が異世界にさらわれ、このピンチを切り抜ける術は、絶対の決意を抱く 2 人の共闘!厄介な快盗と面倒くさい警察。ありえないコンビで切り抜ける。

魁利と圭一郎、快盗と警察という対象的な 2 人が共闘するのが見どころ。さらに『また観て欲しい。ここに注目して欲しいところ』を 2 人に尋ねると。


伊藤は「全部なんですけど、色味が本当に綺麗だなと思って、あと 2 人ならではの圭一郎の気持ちになって観たり、魁利の気持ちになって観たりと、2 通りの楽しみ方ができると思いますので、それぞれの気持ちで何回も映画を観てくれたら嬉しいです」と楽しみ方をアピール。


一方、結木からも「 2 人のシーンは全部見どころなんですけど、対象的な 2 人なので、闘い方が違うんです。魁利はクールなカッコよさ、こっちは泥臭いカッコよさがあって、お互いの正義感で葛藤してるところは何度観ても、心にグッとくると思いますので、そこは何回でも観て欲しいです」と見どころを語り、この解説に映画を観た客席からも納得の拍手が沸き起こり、伊藤と結木の 2 人も笑みが溢れた。



舞台挨拶の最後に結木は「こんなにハラハラドキドキする映画を、僕はほかに知りません!みなさんの心を捕まえてますので、何度でも劇場に足を運んでいただけたら嬉しいです!」と、自信を込めてアピール。伊藤も「最高に熱い!スーパー戦隊史上ナンバーワン!の華麗なアクション映画ができました。この夏は映画館で、皆さんの心を盗んじゃいます!会場のみなさんと一体になりたいのでお願いします」。


「予告する、あんたのお宝ー」、キャスト、観客らとともに『いただくぜー!』と、叫び、ヒット祈願した!

(編集部)




『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film』全国公開中!