映画『旅猫リポート』完成記念カーペットセレモニー

2018/9/25



「図書館戦争」「植物図鑑」などで知られる有川浩原作の「旅猫リポート」を実写映画化。福士蒼汰演じる 1 人の青年と 1 匹の猫が新しい飼い主を探す旅物語。25 日、公開に先駆け、映画『旅猫リポート』の完成を記念してカーペットセレモニーイベントが、東京・銀座松竹スクエアにて行われた。セレモニーには、主演の福士蒼汰をはじめ、高畑充希、竹内結子、広瀬アリス、大野拓朗、山本涼介、三木康一郎監督、 そして主演猫であるナナと、豪華キャスト陣が登壇した。


会場となった銀座松竹スクエア内の大階段には、本作のメインビジュアルにある菜の花畑をイメージしたイエローカーペットが敷かれ、福士がナナを抱きかかえて登場すると、招待されたファンから大歓声が沸き起こり、次々とカーペットを歩くキャストに大興奮となっていた。



イエローカーペットを歩き壇上に上がると、会場の多くの人に囲まれ、ナナも落ち着かない様子。顔を隠そうと動いてしまい、抱き抱えていた福士もタジタジになりながも笑ってしまうほどだった。本作で、猫のナナとの共演について聞くと、福士は「本能でナナが動いていたので、僕も本能のお芝居を返すというそんな現場でした」と撮影を振り返った。また完成した本作を観た感想を尋ねると「試写を観た時に不思議な体験だったんですけど、自分の映画で泣いたというのは初めて。いつもは客観的に観れないんですけど、登場人物に感情移入することができて客観的に観ることができました。僕がお芝居で泣くシーンを観て、自分が泣くという不思議な体験をした」と感想を語った。


次に主演猫であるナナにマイクを向けると「やあやあ、みなさん、こんにちは。吾輩はナナである。みなさん楽しんでくれよな!」とあいさつ。

ここで、本作でナナの声を担当した高畑充希が登場。ナナの声を担当した高畑は「映画がセンチメンタルな感じや悲しい面があるので、あまり感情的にならず、ナナだけは、いい感じでドライでいれたらいいなと。あと、ナナちゃんが魅力的な表情をいっぱいしてるので、その顔に声を合わせられたらいいなと思いました」と、ナナの声を担当した感想を語った。


また、このセレモニーイベントの後には、会場を東京・丸の内ピカデリーに移し、完成記念舞台挨拶と本作の上映が行われ、『旅猫リポート』完成記念プレミアイベントを盛り上げた。

(編集部)



出演:福士蒼汰 高畑充希(声の出演)ナナ(猫)

広瀬アリス 大野拓朗 山本涼介

前野朋哉 田口翔大 二宮慶多 中村靖日 / 戸田菜穂

橋本じゅん 木村多江 田中壮太郎 笛木優子

竹内結子

原作:有川浩 『旅猫リポート』(講談社文庫)

監督:三木康一郎

脚本:有川浩 平松恵美子

音楽:コトリンゴ

企画・配給:松竹株式会社

制作プロダクション:株式会社ホリプロ

制作協力:株式会社松竹撮影所

協力:イメージフィールド

©2018「旅猫リポート」製作委員会 ©有川浩/講談社


10 月 26 日(金)全国ロードショー!