『第31回 東京国際映画祭 』アンバサダーに女優の松岡茉優が就任





『第 31回東京国際映画祭 』ラインナップ発表会見が、25 日、東京・虎ノ門ヒルズフォーラムにて行われ、女優の松岡茉優が東京国際映画祭アンバサダーに就任した。壇上に登場した松岡は「『第 31 回東京国際映画祭 』アンバサダーに就任しました松岡茉優です。東京国際映画祭に華を添えられるように、そして若手の力を示せるように頑張りたいと思います」とあいさつ。



この東京国際映画祭アンバサダー就任のオファーをもらい「私でいいんですかね…」という気持ちだったと明かし、昨年の『第 30 回東京国際映画祭』では初主演映画となる映画「勝手にふるえてろ」がコンペティション部門の観客賞を受賞。さらに新設された『東京ジェムストーン賞』も獲得し、松岡は「第 1 回の賞に選んでもらえたからには、今後はもっと華やいだ賞になるように一年間邁進してきました。その 1 年後にアンバサダーというのは、良いルートと自信が持てました」と明かし笑顔をみせた。


またアンバサダーに就任して映画祭に期待することについて訊くと、松岡は「普段、私もショッピングを楽しんだり、美術館にお邪魔したり、それこそ映画を観たりと六本木ヒルズさんで楽しませてもらっているんですけど、『そこがお祭りになる!素晴らしいですよね!』そんな六本木ヒルズがお祭り会場になり、東京都出身の私が自信を持って『地元の大好きな映画祭です!』と言えることもアンバサダーを務めることで嬉しいことです」と意気込みをみせ、「私の初めての国際映画祭は東京国際映画祭」と笑顔をみせた。



映画『万引き家族』で訪れたカンヌ映画祭。カンヌ映画祭にも負けてないところは「映画が大好きだぞ!という人たちが肩を組んでいるような熱量がカンヌにも負けてないと思いました」と松岡。さらに東京国際映画祭JAPAN NOW部門で上映されると聞き、松岡も「嬉しいですね。東京国際映画祭で、日本や海外のみなさんにももう一度観てもらえることが嬉しいです」と喜びの声。


映画『万引き家族』で共演した故樹木希林について尋ねると、「樹木さんとの思い出は、それはそれは宝物なんです」と振り返り、「樹木さん同じ時代に生まれて、樹木さん作品を沢山観れる時代に生まれて、私が若い世代として、新しい世代に繋いでいく役目。樹木さんのようになりたい。樹木さんを生で見た人間として、次の世代に渡せるようになりたいと強く決意しています」と、その言葉に固い決意を感じた。



アンバサダーに就任したことについてに、樹木さんだったら何と言うと思いますか?と、尋ねると、「『また髪型とか、こだわるんでしょ』と言うかな。私が見てくれを気にすることを、『若い人は気にするのね』と、いつも言ってくださるので。」といい、昨年はあまり楽しめなかったレッドカーペットも「今年は東京国際映画祭アンバサダーとして、レッドカーペットでいろいろな国の人や映画ファンの人たちと、いっぱいお話をする時間を楽しみたいなと思ってます!」と、笑顔で、アンバサダーしゆにん意欲をみせていた。

(編集部)



『第 31回東京国際映画祭 』は、10 月 25 日〜11 月 3 日の期間 六本木ヒルズ、EXシアター、東京ミッドタウン日比谷などで開催される。