映画『覚悟はいいかそこの女子。』初日舞台挨拶

2018/10/12

 

 

 

 

 

12 日に封切られた『覚悟はいいかそこの女子。』の初日舞台挨拶が東京・新宿バルト 9 にて行われ、主演の中川大志をはじめ共演の唐田えりか、伊藤健太郎、甲斐翔真、若林時英、小池徹平、井口昇監督らが舞台挨拶に登壇した。本作は椎葉ナナ原作の同名コミックを実写映画化。恋愛経験ゼロのヘタレ男子の主人公が彼女を獲得するべく奮闘する姿を描いた青春ラブコメディ。


ムービーコア公式Instagramもスタート!

会場は多くの女子に埋め尽くされ、大歓声で迎えられたキャスト陣。恋愛経験ゼロのヘタレ男子・古谷斗和を演じた中川は「初日は本当にドキドキするもので、こうして皆さんの映画を観終わった顔を見れて嬉しいです」と、本作の感想で大きな拍手をもらい中川もニッコリ。客席の反応を気にしていたようで胸を撫で下ろし、他のキャスト陣も満席となった会場を見て喜びの声を挙げていた。


撮影中のエピソードについて聞くと、劇中、ファミレスのシーンが多く、そこではアドリブが多かったと話し、他のキャストたちと芝居について勝手に話をしていたことが多かったと中川。その中でも伊藤は「いろいろやっていたが全てカットされていた」と、井口監督にぼやく場面もあった。


斗和(中川)らが通う高校の教師を演じた小池は「撮影初日がちょうど誕生日で、ケーキで祝ってもらいみんなで写真を撮りましょうとなったんですけど、みんなと違って馴染んでなくて、どういう距離感で祝ってもらえば…」と戸惑いがあったと明かしつつ、共演者たちに暖かく良くしてもらい楽しい撮影現場だったと振り返った。


また映画にちなみ登壇者の中でヘタレ男子は誰か?と尋ねると、井口監督から「実は中川さんはヘタレというより怖がりですよ」と暴露されると、中川は「いまは大丈夫です」といい、そんなにビビりではないと話していると、甲斐から「さっき一言目緊張してました?中川大志ともなると緊張しないんじゃないかなと。」とツッコミ。中川は「緊張しますよ、マスコミのみなさんを前にして、猫被らなきゃとかって」と、緊張しきりだったが虚勢を張っていたようだ。


さらに『一番の愛され男子は誰か?』という質問では、中川は「みんな愛されてるよね。」、甲斐「愛し合ってる。」、さらに中川「客席みたらもう愛されてるじゃん、俺たち」と自信の笑顔をみせると、伊藤から「言ったあとに、言ってやったぜみたいな顔するのやめて。」とツッコミが入り笑いを誘うと、愛され男子は監督では?と声が上がり、井口監督も満面の笑みを見せていた。

(編集部)


【ストーリー】

幼い頃から女子に囲まれてきたイケメンの“愛され男子”古谷斗和(ふるや とわ)。女性からチヤホヤされ、自分はモテると思い込んでいる斗和だが、実は付き合った経験ゼロで、もちろん非リア充・・・。


ある日、彼女ができた同級生から「所詮、お前は観賞用男子だ!」と言われた斗和は、「(イケメンのオレが)彼女を作るなんてチョロい」と、高らかに「彼女作ります!!」宣言。狙うは学年一人気だが、幾人の男達からの告白を断り続ける難攻不落のクールビューティー・三輪美苑(みわ みその)。 そんな美苑に自信満々に告白する斗和だったが、「安っぽい告白」と一瞬でフラれる始末!!まさかの展開に、現実を受け入れられない斗和は、とにかく躍起になって、再三、アプローチを続けるが、撃沈の連続・・・。


しかし、そんなアプローチを続ける日々の中で、次第に斗和は美苑の優しさや、人柄に触れ、本気で彼女を好きになり始めるのだった。そんな時、彼女の視線の先に美術教師・柾木隆次(まさき たかつぐ)がいることに気づく・・・。 「俺はヘタレだ!」と自覚し、人生で初めて恋した相手に認めてもらうべく、見た目はイケメン、中身はヘタレな斗和が、本気で大奮闘! 見事ヘタレを克服し、初彼女をゲットできるのか!?



【出演】

中川大志 唐田えりか

伊藤健太郎 甲斐翔真 若林時英 / 荒川良々 小池徹平


【原作】

椎葉ナナ「覚悟はいいかそこの女子。」(集英社マーガレットコミックス刊)

【監督】井口 昇

【脚本】李 正姫

【音楽】KYOHEI(Honey L Days)

【主題歌】

「ハイビスカス」ナオト・インティライミ(ユニバーサル シグマ)


大ヒット上映中!