新プロジェクト『ULTRAMAN ARCHIVES』発表会

2018/10/15



株式会社 円谷プロダクションは、新プロジェクト『ULTRAMAN ARCHIVES(ウルトラマンアーカイブス)』を発表。15 日、このプロジェクトの報道関係者向け発表会が都内にて実施され、株式会社 円谷プロダクション 代表取締役社長・塚越隆行氏が登壇し、本プロジェクトについて解説を行った。


ー『ULTRAMAN ARCHIVES』概要ー


本プロジェクトは、ウルトラマンシリーズの原点である『ウルトラQ』をはじめとする歴代作品にスポットを当て、深く作品を楽しむことを目的とし、当時の資料や、制作関係者の証言など、上映会、ビデオグラム、出版、キャラクター商品、音楽など、様々な形で作品の魅力を伝えたいというもの。発表会の冒頭では数々の円谷プロ作品映像を詰め込んだスペシャルムービーが上映され、半世紀以上にわたって『子供たちに夢を』と、特撮、アニメ、ドラマなど作り上げてきた歴史を感じる映像となっていた。


塚越社長は「スタジオとしてより作品を計画していきたい。それからキャラクターを意識したブランドの展開を考えていきたいと思ってます。」とコメント。「キャラクターの強さはもちろんですが、よりストーリーであったり、そのうしろにあるメッセージを大事にするスタジオとしていきたい」と、これからの円谷プロの方向性を語った。


これからの円谷プロは「みんなの大好きなウルトラマンをもっともっと好きになってもらう。これまでの作品群を大事に、また作品群を愛してくれているお客様を大切にしていきたいと考えています」と述べ、さらに「『ウルトラマン』を多くの方に広めていきたいといい、ウルトラマンというキャラクターの出てくる作品もあればウルトラマンというキャラクターブランドが出てこない作品もあるかもしれない。『ウルトラマン』というブランドに秘められたメッセージをよりポジティブにお客様にイメージしてもらって好きになってもらうことが大事」と説明。

そして『ウルトラマン』というブランドを世界規模で展開していくと方針を語った。




ー『ULTRAMAN ARCHIVES』プロジェクト始動ー


第 1 弾『ULTRAMAN ARCHIVES』プレミアムシアター

2018 年 11 月 17 日(土)18:00〜スペシャルトーク&上映会をイオンシネマ板橋にて開催。さらにイオンシネマ全国 14 劇場でライブビューイングを実施する。

登壇者

監督・飯島敏宏氏、漫画家・浦沢直樹氏

スペシャルトーク、『ウルトラQ』「2020 年の挑戦」上映(※モノクロ・モノラル)

チケット発売:2018 年 11 月 2 日(金)より、各劇場WEBサイト、劇場窓口にて販売。



さらにこのプレミアムシアターの会場にて、『ULTRAMAN ARCHIVES ビジュアルブック 2020 年の挑戦』の先行販売もあり、これは劇場用映画と同じ 35ミリフィルムで撮影したオリジナルネガから、今回新規に高解像度でスキャニングした素材も使用し、鮮やかに再現し、36P A4 横型。販売予定価格:1,019 円(税別)※2019 年一般販売予定  発行・販売元:円谷プロダクション新プロジェクト『ULTRAMAN ARCHIVES』アイテムの一つとして、魅力ある商品となっている。



今後、スタッフ、キャストによる証言、記録、厳選エピソードを収録した商品シリーズとしてビデオグラム『ULTRAMAN ARCHIVES』Blu-ray&DVDセットや『ULTRAMAN ARCHIVES』でフィーチャーする厳選エピソードを中心に作品に登場する「ヒーロー」「怪獣」「防衛メカ・装備品」などハイクオリティなアート作品として商品化。2019 年末〜『ULTRAMAN ARCHIVES』では『ウルトラマン』、『ウルトラセブン』、帰ってきたウルトラマン』各シリーズにて順次展開していく。

今後の展開に関して、「作品を愛してくれているお客様を大切に」とあるようにお客様からの多くの声で商品ラインナップが決まっていく可能性があり、「『ULTRAMAN ARCHIVES』で観たい!知りたい!聴きたい!欲しい!」と声を届けてみてはどうだろうか。また、お客様からの要望で『ウルトラマンシリーズ』以外の円谷プロ作品もラインナップに検討されるという。
(編集部)