映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』完成披露舞台挨拶

2018/10/30






30 日、太賀主演の映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』の完成披露舞台挨拶が、東京・ニッショーホールにて行われ主演の太賀、吉田羊、御法川修監督が出席。本作は親からも友達からも愛されたことがない青年が、壮絶な過去を乗り越えて、自分を拒絶してきた母の愛をつかみ取るまでの奇跡の実話を映画化。


主人公・タイジを演じるのは、若手俳優のなかでも演技派の太賀。タイジを心身ともに傷つけてしまう母・光子役には吉田羊。共演には森崎ウィン、白石隼也、秋月三佳、木野花らが脇を固めている。


太賀は「今日という日を迎えられて嬉しく思っています。少しでも皆さんにこの映画が伝わればいいなと思ってます。」と緊張気味に挨拶。

吉田も「この作品は去年の 3 月に撮影して、1 年半経ち皆さんにお披露目できることが嬉しいです。と同時にデリケートな題材なので私たちの伝えたい想いが伝わればいいなと思います。」とアピールした。


主人公タイジを演じるにあたり、太賀は「歌川さんの実人生を演じるというのは簡単なことではなくて、どれほどの思いでこの原作を書き上げたのかそういうことを想像すると頭が下がる思いです。」と語り、「この話は悲しい出来事をピックアップしてるのでなくて、その悲しみからどう乗り越えて行くか生きる力強さだったり、人と人が寄り添い合う喜びだったりが描かれてます。僕が歌川タイジを演じるにあたり、喜びも悲しみもこぼすことなく演じたいという思いでやりました。」と力を込めた。


また原作者の歌川たいじ氏は撮影現場を頻繁に訪れ、手料理を振る舞ってくれたり、お菓子の差し入れしてくれたり、とても献身的に現場を支えてくれたという。


タイジの母親・光子を演じた吉田は「歌川さん本人から聞き取りをしまして、お母さんに関するエピソードを聞かせてもらい聞けば聞くほど酷い話で、虐待をする思考が理解できなくて、どう演じたらと思ってた」と難役だったと苦労を明かし、「酷い話だったと笑顔で話す歌川さんを見た時に『この歌川さんの想いを伝えれはいいんだ』と思った。母親として未熟に演じれは演じるほど、息子は母の愛を求めていることが色濃く伝わればいいなと、願うように演じさせてて頂きました」と語った。また撮影現場での太賀は『歌川たいじ』そのものだったといい、助けられた部分が大きいと明かした。


さらにこの舞台挨拶にはサプライズゲストとして主題歌を担当したゴスペラーズが登場!太賀も吉田も登場を知らず、完全なサプライズ。二人は顔を見合わせ驚きと喜びの表情を見せていた。

本作の為にゴスペラーズが書き下ろした主題歌「Seven SeasJourney」をアカペラ生歌唱で披露し、そのハーモニーで会場を魅了。
このサプライズに太賀は「ヤバかったです!完成披露試写会でこんな気持ちになったのは初めてです。素敵なものを見せて頂いてありがとうございます」と感激を露わにしていた。
(編集部)


出演:太賀 吉田羊 森崎ウィン 白石隼也 秋月三佳 小山春朋 斉藤陽一郎 おかやまはじめ 木野花

原作:歌川たいじ「母さんがどんなに僕を嫌いでも」(KADOKAWA刊)

主題歌:ゴスペラーズ「Seven Seas Journey」(キューンミュージック)監督:御法川修

脚本:大谷洋介

制作プロダクション:キュー・テック 配給・宣伝:REGENTS (C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会



 11 月 16 日(金)より 新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、イオンシネマほか全国公開