第 31 回東京国際映画祭 特別招待作品 映画『jam』ワールドプレミア上映イベント

2018/11/1






青柳翔、町田啓太、鈴木伸之ら 3 人が主演を務め劇団EXILEのメンバーが総出演する“因果応報”エンターテイメント・ムービー『jam(ジャム)』のワールドプレミア上映イベントが、 1 日、東京・EXシアター六本木にて行われた。上映後には劇団EXILEメンバーによる和太鼓パフォーマンスや青柳翔が歌う歌謡ショーで大いに盛り上げ観客を魅了した。



和太鼓を乱れ打つのは劇団EXILEメンバーの秋山真太郎、小澤雄太、佐藤寛太、小野塚勇人、八木将康らの 5 人。力強くそしてそれぞれが男のフェロモンたっぷりに太鼓を叩き見事なパフォーマンスを披露し、会場を歓声で包み込むと、熟年女性たちを腰抜けにする場末の演歌歌手・横山田ヒロシに扮した青柳翔が客席から登場!黄色い声援と共に大歓声が上がり、持ち歌「こんばんは、ありがとう」をステージで熱唱!さらに客席には町田啓太、鈴木伸之らが応援隊として『jam』のポストカードを客席に配りながら登場。


熱唱する横山田ヒロシ(青柳翔)

ステージで熱唱するヒロシ(青柳)に佐藤や小澤らもサイリウムを振りながら『ヒロシー!』と客席とともに声援を送った。この最初で最後の横山田ヒロシ生歌謡ショーを終えて青柳は「ファンタスティック!センキュー!ありがとうございました!この映画『jam』、東京国際映画祭で上映することができて嬉しく思ってます」と挨拶し感無量の様子。大きな拍手で包まれた。


毎日彼女の意識回復だけを望むタケルを演じた町田は「この映画、劇団EXILE全員で出演させていただいて、この場に立てて嬉しいです」と挨拶。金槌一本で復讐に燃えるテツオを演じた鈴木は「劇中でセリフが一言もなかったので、今日はいっぱい喋るんでよろしくお願いします」と挨拶し主演を務めた 3 人が顔を揃えた。


ワールドプレミアとあって、海外向けに英語翻訳もあり、それぞれメンバーが挨拶をしていくと、秋山は流暢な英語での挨拶を披露すると、小野塚は「アァ…タキグチ…センキュー、センキュー、センキュー」と、英語?と思わしき挨拶で笑いを誘った。またSABU監督も小野塚をマネて、英語?で挨拶し、笑いを堪えながら「君ら凄いね面白かった」とコメント。今回の劇団EXILEとのコラボは楽しかったといい、『jam 2』もやりたいとアピールした。


場末の演歌歌手・横山田ヒロシを演じ「現場では監督に楽しくディレクションしてもらい、二人でコソコソと何を喋ってるか分からないくらいトーンで悪だくみをしながら撮影してました」と撮影を振り返った。またSABU監督の発案で統一感を出すために作られた応援を会場の全員で披露することになり、「がんばれ!」、「負けるな!」と手拍子で合わせ、客席とステージのメンバーも一体になり盛り上がりを見せ、青柳も完全に横山田ヒロシになりきりワールドプレミアを飾った。


撮影を振り返り町田は「SABU監督の演出でブラジャーを取るところがあったんですけど、ブラジャーを拾って持ち上げるシーンで、『あっ、落ちましたよ』って感じで言ったら、SABU監督から、『もっとやらしく言って、もっとやらしくフリフリして、ニコニコして言ってください』とか言われて」と、それが衝撃的だったとエピソードを語った。


一言もセリフがなかったという鈴木も金槌アクションを絶賛されると「撮ってた時期が冬だったので、池でおばあちゃんを救い上げるシーンとか、とても寒かったです。」と明かし、金槌アクションでは誰もケガも事故もなく無事に撮り終えることができたというと、撮影時、小澤は「本当に叩かれたらどうしようと思ってたら腕が当たって、武器は柔らかったんですけど、もの凄く痛かったです」と明かされると、鈴木は「ケガ人がここに 1 人いました」と笑いを誘うと、さらに秋山からも「かなり激しいキックが入って、36 歳なんですけど、『うぅぅっ…!』と普段出さないような声が出ました」と告白され、鈴木も苦笑いとなっていた。

(編集部)

 




【ストーリー】

主人公は 3 人。場末のアイドル演歌歌手・ヒロシ(青柳翔)は、熱烈なファンに支えられ舞台では華やかに輝きながらも、いつも心に空虚感を抱えている。ある日のコンサート終わり、ファンの一人・雅子(筒井真理子)に付きまとわれ、そのまま彼女の暴挙に巻き込まれ、彼女の自宅に監禁されてしまう。一方、大切な彼女が瀕死の重傷を負ってしまい、毎日彼女の意識回復だけを望むタケル(町田啓太)。彼は、“善いこと”貯金をすれば、彼女の意識が戻るのではないかと信じ、毎日必死に生きる。そして、刑期を終え、刑務所からシャバに戻ったテツオ(鈴木伸之)。自分を刑務所送りにしたやくざに復讐を仕掛けるために、やくざ事務所に単身殴り込みをかける。彼らのストーリーが同時間&同じ街で交差し絡み合いながら、 それぞれの人生の”因果応報”が巡り巡って行くのだった・・・。



エグゼクティブプロデューサー:EXILE HIRO

監督・脚本:SABU

出演:青柳翔、町田啓太、鈴木伸之、秋山真太郎、八木将康、小澤雄太、小野塚勇人、佐藤寛太、野替愁平、筒井真理子

配給:LDH PICTURES

©2018「jam」製作委員会


 2018 年 12 月 1 日(土)より新宿バルト 9 ほか 全国公開